豆知識

カードローン審査における在籍確認の流れ


カードローン審査における在籍確認の流れ

カードローン審査における在籍確認の流れは、申込時に申告したお勤め先に電話をかけ、申込者に代わってもらうだけの簡単なものです。手続きそのものは簡単ですが、在籍確認で気をつけるべき点などがありますので、確認した上で申し込むようにしてください。

目次

カードローン審査の在籍確認とは?

在籍確認とは?

まず、カードローンの在籍確認というのは、審査の最後の流れで行われる「お勤め先の情報の正確性を確認するための手続き」です。

申込時に入力した勤務先の名称や電話番号に誤りがあると、万一、本人と連絡が取れなくなったときの、最後の連絡先が分からなくなります。

一般的なカードローンの利用で、勤務先に連絡が入ることはありませんが、延滞をした状態で、本人との連絡(携帯電話)がとれなくなってしまうと、やむを得ず勤務先に連絡が入ることがあります。

そのような最悪の事態に備えるため、カードローン会社は、お勤め先の情報の正確性を確認しています。

在籍確認をしないとどうなる?

カードローンで「在籍確認をしない」と決めてしまうと、審査の流れはスムーズになるかもしれませんが、無職の人が申し込んでくる可能性が生じます。

消費者金融やクレジットカード会社などでは、総量規制によって「年収の3分の1超の貸付」が原則、禁止されています。もし、消費者金融が無職の人にお金を貸してしまうと、監督官庁の行政処分により「営業停止」になってしまうこともあります。

このような事情があることから、カードローン審査では、必ずといっていいほど在籍確認の手続きが行われています。お金を借りる以上は、避けて通ることが難しいですが、申込みがバレるということもありません。

在籍確認の電話は必ずしているの?

カードローン会社によっては、「お勤め先に在籍確認の電話をすることがある。」という説明になっていることがあります。

「電話をすることがある」ということは、しないこともあると考えるのが自然です。手続きの流れで「在籍確認はしない」とは書けませんので、手続きが省略されることが多い金融機関でも「電話をかけることがある」という表現になっているものと思われます。

また、お勤め先に間違いなく所属していることは、「電話以外の方法」でも可能です。金融機関によっては、電話以外の在籍確認にしてくれる場合があります。

カードローンの在籍確認の流れ

ステップ1:お勤め先の情報の申告

在籍確認の最初のステップは、お勤め先の情報の申告になります。カードローンの申込みをホームページからすると思いますが、このときに、

  • 勤務先の名称
  • 勤務先の電話番号
  • 勤務先の住所
  • 従業員の人数

などを伝えます。従業員の人数までは、正確に把握することは難しいですが、最低限、勤務先の「電話番号」と「名称」が合っていることだけは確認されます。

ステップ2:お勤め先へコール

在籍確認の具体的な手続きは、カードローン会社のオペレーターが勤務先に電話をかけ、「××さん、いらっしゃいますか?」と尋ねます。

本人が間違いなく、そこに在籍していて、本人が職場にいれば、「少々お待ちください。」といった反応が得られます。また、本人が不在の場合だったとしても、「ただいま、席をはずしております。」など、本人が勤務先に属していると分かる反応があります。

在籍確認完了までの時間について

在籍確認の電話は、本人が在籍しているかの確認ができれば十分なので、1分もかからずに終了することがほとんどです。オペレーターの個人名での電話になりますので、同僚に怪しまれることもなく、あっけなく終了します。

在籍確認の手続きに不安があるときの対処法

社会保険証があるならモビットのWEB完結申込

消費者金融のモビットでは、一般的な「カード申込み」の他に「Web完結申込」という申込方法があります。Web完結申込というのは、すべてのカードローン申込手続きがWebで完結するというものですが、「在籍確認の電話がない」という点に特徴があります。

Web完結申込での在籍確認は、お勤め先の情報が分かる「健康保険証」で行います。健康保険証で勤務先の情報が確認できるのは、「社会保険証」と「組合保険証」です。

国民健康保険証の方は、Web完結申込での申込みはできませんが、社会保険証などがあるなら、他の条件についても確認してみてはいかがでしょうか。

給与明細書があればなんとかなる!?

どうしても在籍確認の電話が困るというときは、まずは、カードローン会社のオペレーターに電話で相談してみてください。このような悩みの相談は多数ありますので、オペレーターによって柔軟な対応をしてくれることもあります。

たとえば、電話による在籍確認の代わりに「給与明細書2ヶ月分を提出」する、という方法があります。

源泉徴収票があるのが理想ですが、勤務先の名称や住所が記載されている給与明細書があれば、お勤め先の情報が確認でき、収入についても把握できるようになります。

必ず電話連絡がなくなるというものではありませんが、「相談すれば解決できることもある」と考え、まずは、オペレーターに相談してみるのがおすすめです。

勤務先が休日の場合の対処法

在籍確認の手続きで問題となるのは、「勤務先が休業日のとき」です。誰も電話に出ることができなければ、在籍確認の手続きが完了できません。

融資を受けるまでに2〜3日の余裕があるという場合はいいですが、そうでないときは、即日融資に失敗する大きな原因となります。カードローンに申し込むのが勤務先の休日で、しかも、即日融資が必要となっているときについても、やはり、オペレーターに電話で相談するのがおすすめです。

カードローンの申込みでは、さまざまなタイプの悩み・不安があり、それの相談ができるのは、金融機関のオペレーターだけです。

在籍確認は困る・・・、勤務先がお休み、というときは、なんらかの解決策を提案してくれることがありますので、カードローンのフリーダイヤルに電話をかけて相談してみてはいかがでしょうか。

カードローンを条件で探す
カードローン会社一覧
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • モビット
  • プロミス
  • アコム

×