条件でカードローンを探す

カードローンを即日融資でお金を借りる方法


カードローンを即日融資でお金を借りる方法

カードローンを即日融資で借りる方法は、消費者金融や銀行カードローンによって、即日融資対応なのか、や申込み方法や現金の受け取り方によって異なります。

一番早くキャッシングする方法と言われているのは、インターネット申込みをして、振込融資や即日カード発行を受けて、提携ATMで借りる方法が早く借入する方法です。

目次

消費者金融の即日融資で借りる方法

消費者金融のカードローンの特徴

プロミスアコムといった消費者金融のカードローンは、審査がとても早く行われますので、即日融資にはもっとも適しています。最短30分で審査結果の連絡をする消費者金融もありますので、今から30分後に限度額が決まり、1時間以内にお金を受取ることも不可能ではありません。

ただし、消費者金融のカードローンは、高額融資には向きません。まとまったお金が必要なときは、銀行カードローンの中から即日融資ができるサービスを選ぶことになります。

カードローンの申込みから即日融資を受けるまでの流れ

消費者金融の申込みからお金を受取るまでの流れは、次の4つのステップからなります。

  1. インターネットからの申込み
  2. 審査結果の回答も連絡
  3. 自動契約機で契約手続きとカードの受取り
  4. 消費者金融のカードを使って現金の受取り

ただし、振込キャッシングで融資を受ける方は、カードの受取りを「郵送」にすることも可能です。平日の日中に振込手続きをする必要がありますが、消費者金融の迅速な審査で即日融資も不可能ではありません。

消費者金融の融資までの目安

消費者金融で借りる方法を選んだ場合、申込完了から融資までは1時間程度であることが多くなります。審査の回答までは、30分〜45分程度、その後のカード発行の手続きなどで15分程度の時間があれば十分です。

ただし、人気のある消費者金融の審査は、混雑していることも多くなります。できるだけ早く審査の申込手続を済ませ、すぐに審査を始めてもらうことで即日融資ができる可能性が高くなります。

消費者金融で即日融資ができないときとは?

消費者金融のカードローンを選んでも、次の条件の場合は即日融資に失敗する可能性があります。

  1. 21時以降の夜間の申込み
  2. 勤務先が休業日のとき

大手消費者金融の審査は、21時程度で終了することがほとんどです。24時間、いつでも審査が受けられるわけではなく、決められた時間帯のなかで審査をしている点に注意する必要があります。

また、お勤め先が休日のときは、審査の在籍確認の手続きができません。在籍確認の手続きができなければ、通常は、勤務先の翌営業日の手続きとなってしまいます。オペレーターに電話で相談し、他の手段による在籍確認に変更してもらえれば、即日融資ができることもあります。

また、高額融資を希望している場合で収入証明書の用意ができないときも、即日融資で借りることができませんので、なるべく「収入証明書なし」で申し込めるカードローンを選ぶ必要があります。

即日融資ができる消費者金融のスペック

即日融資を得意とする消費者金融では、プロミスやアコム、モビット、アイフルなどに人気があります。金利やローンの限度額などに若干の違いがありますので、次の表で確認しておくことをおすすめします。

消費者
金融
限度額
の上限
金利審査の
時間帯
無利息
サービス
プロミス500万円まで4.5%〜
17.8%
9:00〜
21:00
30日間無利息
アコム800万円まで3.00%〜
18.00%
9:00〜
21:00
30日間金利0円
モビット800万円まで3.00%〜
18.00%
--

※金利は実質年率です。
※プロミスの30日間無利息の利用は、メールアドレスとWEB明細の登録が必要です。

銀行カードローンの即日融資で借りる方法

銀行カードローンの審査は遅い!?

一般的に銀行カードローンの審査は遅いと思われていますが、即日融資に間に合うサービスもあります。銀行カードローンで即日借りる方法としては、下記ののいずれかになります。

  1. 平日の日中に振込キャッシングをしてもらう
  2. ローン申込機がある銀行カードローンを選ぶ

銀行カードローンと消費者金融との大きな違いは、「自動契約機が用意されていない銀行が多い」という点です。自動契約機がない状態で即日融資を受けるには、銀行振込をしてもらわないといけません。

ただし、新生銀行カードローンレイクのように、自動契約機があるサービスを選べば、消費者金融のような申込方法も可能になります。

土日や祭日、夕方以降の銀行カードローンの申込みでは、「自動契約機があること」を条件にサービスを選ぶのがおすすめです。

銀行カードローン審査の保証会社とは?

銀行カードローンと消費者金融の審査の違いは、「保証会社の審査があるか?」という点にあります。消費者金融は、消費者金融だけで審査を行っていますが、銀行カードローンは2つの審査が行われています。

  1. 銀行の審査
  2. 保証会社の審査

銀行と保証会社の2種類の審査があることから、審査が難しいという印象がありますが、必ずしもそうとは言えません。審査にとおる場合は、どちらの審査にもとおりますし、ダメな場合は両方ダメというのが実情ではないでしょうか。

口座がなくても申し込めるカードローンを選択!

即日融資を希望しているときは、「口座がなくても利用できる」銀行カードローンを選ぶのがおすすめです。口座があることを前提とする銀行カードローンでは、普通預金口座の申込手続に時間がかかるのが問題となります

さらに、口座開設が不要で自動契約機がある銀行カードローンなら、即日融資の可能性も高くなります。

銀行カードローン口座の開設自動契約機の有無
新生銀行カードローンレイク不要あり
じぶん銀行カードローン不要なし

即日融資で借りるための必要書類

本人確認書類がないと借りれない!

即日融資で借りる方法をしたとしても、必要書類を用意できなければ、そもそも申込手続ができません。消費者金融でも銀行カードローンでも必ず用意する書類に「本人確認書類」があります。

本人確認書類は、カードローンの申込みをした本人であることを証明するもので、運転免許証やパスポートなどのことをいいます。本人確認書類の用意に時間はかからないと思いますが、提出方法(アップロードやアプリなど)を確認しておくと安心です。

本人確認書類は「運転免許証」が基本!

「本人確認書類なら何でもいい!」と思うかもしれませんが、運転免許証を優先的に使用します。運転免許証の交付を受けていない方については、顔写真付きのパスポート、住民基本台帳カードなど、金融機関が指定する書類を用意するようにしてください。

また、運転免許証以外の本人確認書類を利用する場合、別途、住民票などを用意しなければならないことがあります。運転免許証以外の書類は、「偽造されやすい」という意味で本人確認の手続きも慎重になっているからです。

外国籍の人の本人確認書類について

外国籍の方のカードローン申込みでは、別途、在留カード、または特別永住者証明書などが必要になります。「永住許可を受けていること」などの条件がある場合もありますので、必要書類についての説明を十分理解してから申込みをしてください。

消費者金融で収入証明書類が必要になるとき

消費者金融のカードローンでは、今回の希望額について次のいずれかの場合に収入証明書類(自分の年収を証明するための書類)の提出が求められます。

  1. 50万円を超えている場合
  2. 他の消費者金融の借入額との合計が100万円を超える場合

この収入証明書類を提出するタイミングについては、どの消費者金融の場合でも同じです。貸金業法による規制によるものですので、書類が用意できない場合は、銀行のカードローンを選ぶようにしてください。

銀行カードローンで収入証明書が必要になるとき

銀行カードローンは、貸金業法の規制を受けませんので、それぞれの銀行が独自の基準で収入証明書の提出を求めています。

特徴としては、概ね、どの銀行のカードローンも消費者金融よりは、提出条件がゆるくなっていることです。100万円未満の希望額で収入証明書が必要になることは少なく、最高で300万円までなら、「収入証明書なし」で申し込めるカードローンもあります。

それぞれの銀行の収入証明書を提出するタイミングについては、以下の表を参考にしてください。

銀行カードローン収入証明書
新生銀行カードローンレイク100万円まで不要
じぶん銀行カードローン300万円まで不要

即日融資のための審査の基本

即日融資には審査の申込方法が重要!

即日融資で借りる方法の基本は、「インターネットで申込むこと」です。インターネット以外に申込方法が用意されていることがありますが、ホームページからの申込みよりも時間がかかります。

また、電話による申込方法では、「情報を間違えて伝わる」リスクがあります。口頭での情報の伝達は、面倒になるだけでなく、間違えた情報を伝えるリスクもあります。

相手側の聞き間違えたったとしても、「嘘をついて申込んだ」と判断されないとはいい切れません。トラブルも多くなることが予想されますので、パソコンやスマートフォン、携帯電話を利用して、カードローンの申込みをするようにしましょう。

振込キャッシングで即日借りるには?

銀行振込でお金を受取る予定の人は、平日の14時くらいまでに申込みを完了させる必要があります。銀行の振込業務は、通常、平日の15時までになっているのが一般的です。インターネット銀行を利用している人もいますが、夕方以降の振込完了が約束されているわけではありません。

即日の振込キャッシングは、「平日の13時」を目標に申込手続を完了させるのがおすすめです。

土日・祝日はカードキャッシングが基本!

平日の夕方以降、あるいは、土日・祝日の即日融資で借りる方法は、「カードキャッシング」が基本となります。

カードキャッシングの即日融資は、当日中にカードを受取り、提携ATM(コンビニATM等)でお金を借りる方法です。自動契約機は、土日や祝日でも利用できることがほとんどです。インターネットからの申込後、カードを自動契約機で受け取れば、当日中のカード利用が可能になりますので、そのカードを使って即日融資が可能となります。

ただし、自動契約機は、24時間、いつでも利用できるわけではありません。自動契約機ごとに営業時間が決まっていることがほとんどです。申込完了後、利用する自動契約機の営業時間についても、確認しておくことをおすすめします。

在籍確認ができないときの対処法

カードローンの審査では、お勤め先の情報を確認するための「在籍確認」の手続きがあります。在籍確認は、金融機関のオペレーターが勤務先に電話をかけ、申込時に申告した勤務先に間違いなく所属していることを確認します。

在籍確認の手続きで申込みが勤務先にバレることはありませんが、「勤務先が休業日」のときは、電話連絡ができなくなります。勤務先が休みの日に申込みをするときは、オペレーターに事前に相談しておくようにしてください。

給与明細書の提出など、別の方法による在籍確認にしてくれることもありますので、まずは、電話で相談してみるのがいいでしょう。

即日融資と貸金業法の総量規制について

貸金業法とは?

貸金業法というのは、貸金業者、つまり、銀行以外の金融機関(ノンバンク)を取り締まるための法律です。融資の上限額を決めて、貸金業者による過剰貸付を防止したり、収入証明書を元にした返済能力の調査義務なども課しています。

銀行と比べると消費者金融は、お金が借りやすいという印象がありますが、規制の面では、消費者金融は、厳しい規制のもとで営業をしているといえます。必ずしも消費者金融だから借りやすいということはありませんので、銀行カードローンも含めて、自分に合った金融機関を選ぶことが重要です。

貸金業者の限度額の決まり方

消費者金融をはじめとする貸金業者では、貸金業法の「総量規制」という規制のもとで融資額を決めています。総量規制は、業者による過剰貸付を防止することを目的に、融資の上限額を「年収の3分の1まで」に制限するものです。

たとえば、年収150万円の人への融資なら、その3分の1の50万円を超えて貸付してはいけない、という仕組みが総量規制のことです。このときの年収の3分の1の計算では、すべての貸金業者の融資の合計額で計算しています。

年収の3分の1の計算に何が含まれ、何が含まれていないかについては、次の表を参考に理解しておくようにしましょう。

融資金の種類総量規制の計算に含めるか?
消費者金融の残高含める
銀行カードローンの残高含めない
クレジットカード・ショッピング残高含めない
クレジットカード・キャッシング残高含める
自動車ローン含めない
住宅ローン含めない
個人間の借金含めない
携帯電話の割賦残高含めない

総量規制対象外は銀行カードローン!

貸金業者の融資上限額は、年収の3分の1までですが、銀行には、このような規制がありません。銀行カードローンは、規制の対象外ということで「総量規制対象外カードローン」と呼ばれることがあります。

希望額と年収の関係消費者金融銀行カードローン
希望額>年収の3分の1利用不可利用可
希望額<=年収の3分の1利用可利用可

銀行カードローンなら、必ず年収の3分の1超のお金を貸してくれる、というものではありませんが、審査の結果によっては、高額融資が認められることもあります。

即日融資カードローンの選び方

自分に合った即日融資ができるカードローンを選ぶためには、まずは、消費者金融か銀行カードローンかを決めるために、次の3つの項目をチェックします。

No.チェック項目
1希望額が年収の3分の1を超えるか?
2収入証明書類が必要になるのか?用意できるか?
3在籍確認は可能か?(勤務先は営業しているか?)

希望額が年収の3分の1を超えるか?

即日融資のカードローンを選ぶにあたって、まず最初に確認するのは、希望額と年収との関係です。「希望額+現在の借入残高」が年収の3分の1以下なら、消費者金融でも銀行カードローンでも申し込めますが、そうでないときは、銀行カードローンのみが申込みの対象となります。

希望額+現在の借入残高消費者金融銀行カードローン
年収の3分の1以下
年収の3分の1超×

上でも説明しましたが、現在の希望額だけでなく、すでに借り入れしている貸金業者(銀行以外の金融機関)からのキャッシング残高も含めますので、間違えないように気をつけてください。

収入証明書が必要ですか?用意できますか?

収入証明書類が用意できないときは、「収入証明書なし」でなければ、即日融資ができなくなります。収入証明書が必要になるのは、次のとおりとなっています。

金融機関50万円以下50万円超〜100万円以下100万円超〜200万円以下200万円超〜300万円以下300万円超
プロミスなし必要必要必要必要
アコムなし必要必要必要必要
モビットなし必要必要必要必要
新生銀行カードローンレイクなしなし必要必要必要
じぶん銀行カードローンなしなしなしなし必要

消費者金融の場合は、50万円以下の希望額でも、「他社借入残高との合計が100万円超になるとき」は、希望額に関係なく収入証明書が必要になります。

勤務先は休業日ですか?

勤務先が休業日のときは、審査の在籍確認の手続きができなくなります。このときの対処法としては2つの方法があります。

  1. 在籍確認なしのモビットWeb完結申込を選ぶ
  2. 申込み完了後にオペレーターに相談する

まず、モビットのWeb完結申込は、そもそも勤務先への電話連絡なし申込み方法です。お勤め先の情報の正確性については、収入証明書類および、健康保険証(社会保険証、または、組合保険証)で確認します。申込みにあたって条件がいくつかありますが、利用できる場合は、モビットのWeb完結申込を選ぶのがおすすめです。

また、モビットのWeb完結申込が選べないというときは、カードローンに申込み後、オペレーターに電話で相談するのがおすすめです。勤務先が休みであることをオペレーターに伝え、他の手段によるお勤め先の確認にしてくれるよう依頼してみてください。

給与明細書の提出など、他の手段に変えてもらえることもありますので、最後まであきらめずに、交渉してみてはいかがでしょうか。

即日融資が得意な消費者金融

消費者金融のカードローンが利用できる方は、即日融資を得意とする、次のサービスがおすすめです。

カードローン審査時間融資時間特徴・注意点
プロミス最短30分最短即日無利息期間あり
アコム最短30分最短即日無利息期間あり
モビット最短即日最短即日Web完結申込なら在籍確認なし

※プロミスは、メールアドレスの登録とWeb明細の申込みが必要です。

大手の消費者金融には、自動契約機が用意されています。最短即日の審査が受けられ、自動契約機のカード発行をすることで、当日中のカード利用が可能になります。

即日融資が得意な銀行カードローン

銀行カードローンの場合は、即日融資ができるものでも一定の条件を満たす必要があることがあります。口座開設の必要がなく、即日融資を得意とする銀行カードローンは、次のとおりとなります。

カードローン審査時間融資時間特徴・注意点
新生銀行
カードローンレイク
最短即日最短即日口座開設不要、無利息期間あり

誰にもバレずにお金を借りる方法とは?

カードローン利用が家族にバレる申込方法

誰にもバレずに即日融資を受けたいときは、金融機関からの「郵便物」に気をつける必要があります。

カードローンの申込みで郵便物をなしにするには、インターネット申込みとカード受取を自動契約機で済ませることです。インターネットからの申込みなら、自宅に案内書や申込書などを郵送する必要はありません。ローンカードも「郵送」ではなく、「自動契約機」で発行してもらうことで、自宅への郵送物をなくせます。

各カードローンに自動契約機が用意されているかどうかは、次の表で確認できます。

カードローン自動契約機の有無
プロミスあり
アコムあり
モビットあり
新生銀行カードローンレイクあり
じぶん銀行カードローンなし

それぞれの自動契約機には、営業時間が決められていますので、申し込む時間帯によっては、即日カード受取に間に合わなくなることがあります。金融機関のホームページで営業時間を確認し、それに間に合うように申し込むことが重要です。

カードローン利用中に家族にバレるとき

カードローンの利用中に家族にバレる可能性があるのは、次のとおりとなります。

バレる原因対処法
延滞で請求書が届く返済計画を考えてからカードローンを利用する。
カードが見つかるローンカードの管理方法を考えておく。
通帳の記録が見つかるカードで借入れ・返済する。

また、消費者金融のキャッシングでは、利用するATMによって、明細書が後日、郵送されることがあります。プロミスのような「Web明細」が利用できるカードローンを選び、明細書が郵送されないようにすることも大切です。

返済から逃げると勤務先にバレる!

カードローンの返済を延滞すると郵送物で家族にバレると説明しましたが、返済から逃げていると、勤務先にもバレてしまうことがあります。

毎月の返済を遅れてしまうと、当然、金融機関から連絡が入りますが、このときの電話に出ないでいると、自宅や勤務先に連絡せざるを得なくなります

家族や勤務先にまで借り入れしていることがバレてしまうと、家族や仕事まで失ってしまうこともありますので、絶対に無理のある借入れだけは、しないように注意してください。


即日融資に関するよくある質問
無職でも即日融資で借りる方法はありますか?

お勤めをしていない専業主婦などは、総量規制によって消費者金融のカードローンには申し込めません。総量規制は、貸金業者が貸付をするときは、年収の3分の1超の残高となってはいけない、という仕組みです。

本人に収入がない無職の方は、「年収の3分の1=0円」となってしまうので、残念ながら、規制によって1円の融資も受けられないというものです。

しかし、銀行は貸金業者ではありませんので、銀行カードローンなら年収の3分の1超の融資も可能です。お勤めをしていない専業主婦の申込みが認められているものもあり、即日融資ができるサービスもあります。バンクイックやみずほ銀行カードローンなどを選べば、即日融資も不可能ではありません。

自己破産をする費用を即日融資で借りたいのですが?

自己破産する費用を借りるということは、「返済の見込みがないお金を借りる」ということです。債務整理の手続きにも影響があると言われていますので、手続きの費用のためのキャッシングはおすすめできません。

まずは、弁護士などの専門家に問い合わせ、手続きのための費用をどうするのかを相談してみてはいかがでしょうか。

無利息と低金利では、どちらがお得ですか?

無利息と低金利カードローンを比較して、どちらがお得かは、一概に言えるものではありません。

カードローンの利用で金利負担が大きくなるのは、返済期間が長くなるときです。無利息、低金利のカードローンのどちらを選んだ場合でも、毎月の返済額を多めに設定するのがおすすめです。

消費者金融や銀行カードローンのホームページには、返済シミュレーションが用意されています。返済シミュレーションで自分の返済計画を考え、計画どおりの返済をしていくことが重要になります。

他社借入額のウソはバレますか?

他社借入額でウソをついてしまうと、即日融資に失敗するのはもちろん、二度とその金融機関のローンが利用できなくなる可能性があります。

現在の別会社の借入残高、借入件数などは、信用情報機関に登録されているデータを確認すれば、すぐに本当かどうかが分かります。つまらないウソで信用を落とすようなことをするのではなく、今の状況を正直に伝えることが何よりも重要ではないでしょうか。


即日融資も可能なおすすめカードローン!

当サイトが一番おすすめのカードローン!

SMBCコンシューマーファイナンス プロミス
プロミス
最短1時間融資
実質年率
4.5%〜17.8%
利用限度額
500万円
融資スピード
最短1時間融資
コンビニ対応
セブンイレブン ファミリーマート ローソン サンクス

  • すべてWEBで完結も対応可能!
  • 初めての借入日に翌日から30日間無利息!
  • プロミスカード発行なしを選択すれば郵送物なし!
  • 三井住友銀行の銀行口座で24時間借入可能!
  • ジャパンネット銀行の銀行口座で24時間借入可能!
公式サイトへ

※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

最短1時間で借入ができるカードローン!

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム
アコム
最大30日間金利0円!
実質年率
3.0%〜18.0%
利用限度額
800万円
融資スピード
最短1時間融資
コンビニ対応
セブンイレブン ファミリーマート ローソン サンクス

  • 初めての契約で最大30日間金利0円サービス!
  • 楽天銀行の銀行口座で24時間356日借入可能!
  • 申込みから審査完了まで最短30分のスピード審査!
  • 初回平日18時までに審査完了で即日借入も可能!
公式サイトへ
カードローンを条件で探す
カードローン会社一覧
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • モビット
  • プロミス
  • アコム

×