条件でカードローンを探す

カードローンを収入証明書不要で借りる方法


カードローンを収入証明書不要で借りる方法

カードローンの申込みでは、収入証明書不要で借りる方法に人気があります。源泉徴収票や確定申告書の控えなどは、そもそも用意するのに時間がかかったり、困難な場合があるからです。書類不要で借りる方法を理解し、スムーズに申し込む方法についてご紹介します。

目次

カードローンの申込みで用意する収入証明書について

カードローン審査に必要な収入証明書とは?

カードローン審査で用意する「収入証明書」というのは、自分の年収を金融機関に証明するための書類です。自己申告で「年収×××万円!」と申告しても、カードローン審査の担当者は、それが正しい情報なのかどうかが分かりません。

収入を証明する書類があれば、あなたの返済能力をより正確に判定できるようになります。しかし、収入証明書の用意は、時間がかかり、用意そのものが困難なことがあるのも事実です。収入証明書不要で借りる方法なら、誰でも簡単に申込手続きが完了できるようになります。

源泉徴収票とは?

源泉徴収票(げんせんちょうしゅうひょう)は、給与所得者が用意できる収入証明書です。毎年1回、年末から年始にかけて勤務先から受け取る「小さな書類」が源泉徴収票です。

アルバイトやパート勤務の方、サラリーマンの方は、この源泉徴収票を用意すれば、収入証明書が必要なローンでも申し込むことが可能になります。

確定申告書の控えとは?

自営業者の方は、お給料ではなく、売上高から経費を控除した金額が「所得」として計算されます。毎年1回、確定申告をすると思いますが、このときに提出した確定申告書の「控え」が収入証明書になります。

すでに控えをなくしてしまっている場合は、税務署に開示請求をすることもできますが、書類受取までに約1か月ほど期間を要してしまいます。

給与明細書は収入証明書になるか?

お勤めをしている方で源泉徴収票の用意が難しいときは、「給与明細書」を収入証明書として利用できる場合があります。ただし、給与明細書を収入証明書として利用できる場合でも、直近2ヶ月分(ボーナス支給があれば、1年分の賞与明細書も)を用意するのが一般的です。

給与明細書も手元にない、収入証明書も用意できない、というときは、やはり、収入証明書不要で借りる方法を選ぶことになります。

収入証明書不要で借りる方法

消費者金融のカードローンで収入証明書が必要になるとき

消費者金融のカードローンでは、「希望額が50万円以下、かつ、今回の借り入れで消費者金融の残高が100万円以下に収まる」場合に限り、収入証明書不要で申込みができます。

ただし、消費者金融のカードローンによる借り入れでは、借入額の合計が年収の3分の1までに制限されています(総量規制)。消費者金融では、希望額が50万円以下、残高の合計が100万円以下だったとしても、年収の3分の1超の融資は受けられない点に注意が必要です。

銀行カードローンは提出基準がゆるい!?

消費者金融で「収入証明書が必要になるとき」を決めているのは、貸金業法という法律です。この法律は、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などを規制するもので、銀行を規制するものではありません。

つまり、銀行カードローンなら、年収の3分の1超の融資にも期待でき、収入証明書の提出基準がゆるいものもあるということです

銀行カードローンによっては、「300万円までは収入証明書不要」というものもありますので、希望額に応じた銀行カードローンを選べば、それが、収入証明書不要で借りる方法になるということです。

収入証明書不要カードローンなら即日融資も可能に!

収入証明書不要で借りる方法を選べば、申込前の準備も簡単になります。収入証明書を用意する期間が短縮できますので、必然的に即日融資が実現できる可能性が高くなります。

即日審査、即日カード発行ができるなどの条件はありますが、収入証明書不要で借りる方法を選び、今日中にお金を受け取ることを目的にしてみてはいかがでしょうか。

収入証明書の他に用意する書類について

本人確認書類は必ず用意!

収入証明書不要のカードローンでは、用意する書類は「本人確認書類」だけです。本人確認書類は、カードローンの申込みをした本人であることを証明するための書類です。

具体的には、運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードなどのことです。これらの書類なら、誰でも簡単に用意することができると思います。

担保や保証人は必要なし!

大手の消費者金融や銀行カードローンを選べば、担保や保証人が不要であることがほとんどです。担保不要、保証人も不要のカードローンの申込みなら、不動産などの資産がない人でも借入れできますし、誰にも迷惑をかけることもありません。

自分だけの責任でローンが組めるようになりますので、収入証明書が不要でも、担保や保証人が必要ないことも確認した上で申し込むようにしてください。

専業主婦は旦那の同意が必要に!?

専業主婦というのは、アルバイトやパート収入などが一切ない主婦のことです。上で「総量規制」について簡単に説明しましたが、専業主婦には、自分名義の収入がありませんので、原則、消費者金融のカードローンの利用はできません。

専業主婦が利用できるカードローンは、銀行カードローンで、収入証明書不要で申し込めるようになっています。

限度額の制限(30万円〜50万円が上限)はありますが、本人確認書類だけを用意すれば済みます。

希望額ごとのカードローンの選び方

金融機関ごとに収入証明書が必要になるのは、次のとおりとなります。

カードローン年収の3分の1超の借入れ収入証明書が必要になるとき
プロミス不可希望額が50万円超、または、消費者金融の借入残高が100万円超になるとき
アコム不可上に同じ
モビット不可上に同じ
新生銀行
カードローンレイク
審査により可能100万円超の希望額
じぶん銀行
カードローン
審査により可能300万円超の希望額
カードローンを条件で探す
カードローン会社一覧
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • モビット
  • プロミス
  • アコム

×