条件でカードローンを探す

総量規制対象外カードローンでお金を借りる方法


総量規制対象外カードローンでお金を借りる方法

総量規制対象外カードローンは、貸金業法の規制を受けていないカードローンのことです。年収の3分の1を超える融資が可能で、収入証明書の提出条件もゆるくなっていますので、初めてのカードローンの借りる方法としても人気があります。

目次

総量規制対象外カードローンの基礎知識

総量規制とは?

まず、総量規制というのは、2010年6月18日に施行された、改正貸金業法に盛り込まれた、過剰貸付を防止するための仕組みです。貸金業法が規制する貸金業者の融資残高は、利用者の年収の3分の1を超えてはならないというものです。

たとえば、あなたの年収が300万円なら、年収の3分の1は100万円です。貸金業者は、すべての貸金業者からの残高の合計が100万円を超えることができない、というのが総量規制になります。

貸金業者からの融資残高は、信用情報機関のデータで確認されますので、借り入れを隠して申し込むこともできないようになっています。

総量規制対象外カードローンの見分け方

総量規制の対象かどうかは、金融機関が「貸金業者」であるかどうかで判断します。貸金業者は、貸金業法に基づいて設立された消費者金融会社、クレジットカード会社、信販会社などのことをいいます。

注目するべき点は、貸金業者に「銀行」が含まれていないことです。銀行は、貸金業者の規制を受けていませんので、必然的に「銀行カードローンは総量規制対象外」ということになります。

自分の年収の3分の1超の融資は、銀行カードローンを利用して借り入れできるようになっています。

総量規制対象外カードローンの特徴について

総量規制対象外カードローンは、高額融資が見込めるだけでなく、収入証明書の提出条件もゆるくなっています。消費者金融のキャッシングでは、希望額が50万円超のとき、あるいは、すべての消費者金融の残高が100万円超となる希望のときに、収入証明書の提出が必要になります。

銀行カードローンの場合は、100万円以下の希望額で収入証明書の提出が必要になることは、ほとんどありません。300万円まで収入証明書なし、という銀行もありますので、希望額に応じて銀行を選べば、収入証明書なしで借りる方法が見つかります。

お勤めをしていない専業主婦の対処法

専業主婦は消費者金融カードローンに申し込めない!?

お勤めをしていない専業主婦は、「年収の3分の1まで」という条件があるカードローンには申し込めません。必然的に総量規制対象外の銀行のカードローンを選ぶことになりますが、銀行ならどこでも良いというわけではありません。

専業主婦が利用できる銀行カードローンは多くありますが、すべての銀行カードローンに申し込めるわけではありません。カードローンの商品説明をよく確認し、専業主婦が申し込めるかどうかの確認をすることが重要になります。

専業主婦は収入証明書なしで申込が可能です!

収入証明書の提出を心配する専業主婦がいますが、専業主婦のキャッシングでは、収入証明書の提出が必要になることはありません。専業主婦がカードローンに申し込む場合は、本人確認書類の用意だけで十分です。

本人確認書類は、カードローンに申し込んだ本人であることを証明するための公的な書類です。運転免許証やパスポートなどのことですので、いずれかの書類を用意して申込み手続きをするようにしましょう。

専業主婦が即日融資を希望するなら!

即日融資を希望する専業主婦は、「ローン申込機(自動契約機)」があるカードローンがおすすめです。ローンの申込みをホームページから行い、カードをローン申込機で受け取れば、当日中のカードの利用も可能になります。

ただし、ローン申込機には、それぞれ営業時間が決められています。24時間、年中無休で営業しているわけではありませんので、即日融資を実現するには、できるだけ早めに申込みを完了させることが重要です。

高額融資ができればいい?総量規制対象外でも気をつけることとは?

カードローンのリボルビング返済方式とは?

一般的なカードローンの返済方式は、リボルビング返済と呼ばれるものです。

リボルビングというのは、英語で「回転する」という意味ですが、カードローンの場合は、「返済額が変化する」という意味で使用しています

たとえば、総量規制対象外の楽天スーパーローンでは、次のように返済額が決められています。

利用残高 毎月返済額
10万円以下 2,000円
10万円超〜30万円5,000円
30万円超〜50万円10,000円
50万円超〜100万円15,000円
100万円超〜150万円20,000円
150万円超〜200万円30,000円
200万円超〜250万円35,000円
250万円超〜350万円40,000円
350万円超〜400万円45,000円
400万円超〜500万円50,000円

利用残高が500万円までしか表示していませんが、残高が多くなるほど返済額も多くなり、逆に、利用残高が少なくなれば返済額も少なくなっていることがわかります。

この返済表の場合は、「利用残高」に対応した「固定の返済額」となっていますので、リボルビング方式でも「残高定額リボルビング方式」というものになります。一方、残高に一定の割合(3%など)を掛けた金額が返済額になるものを「残高定率リボルビング方式」といいます。

この返済方式で注意しなければならないのは、「残高の減少に応じて返済額が減る」という点です。

少し気づきにくいですが、ローンの返済を続けるほど、返済のペースがゆっくりになります。返済のペースが落ちれば、返済期間が長くなり、その分だけ利息の負担が大きくなるということです。

銀行カードローンは約定返済額が少ない!?

消費者金融と比較すると、銀行カードローンの返済額は、とても少なめに設定されていることが多くなります。返済額が少なければ、その分だけ返済期間が長くなりますので、金利が低くても利息の負担が大きくなることがあります。

カードローンの返済額は、普通のローンの返済額とは異なり、約定返済額(最少返済額)というものです。「必要最低限、この金額だけは入金すること」と約束しているのがカードローンの返済額です。

つまり、約定返済額だけの返済では、返済期間が非常に長くなり、トータルで支払う利息額が大きくなります。毎月、いくらの返済をするかは自分で決められますので、返済シミュレーション等を使って返済計画を立てることが重要になります

総量規制対象外で100万円借りた場合のシミュレーション

たとえば、年率14.6%の総量規制対象外カードローンで100万円を借入れ、50,000円ずつ返済した場合を計算すると、次の表のようになります。

回数返済額元金利息残高
1\50,000\37,834\12,166\962,166
2\50,000\38,294\11,706\923,872
3\50,000\38,760\11,240\885,112
4\50,000\39,232\10,768\845,880
5\50,000\39,709\10,291\806,171
6\50,000\40,192\9,808\765,979
7\50,000\40,681\9,319\725,298
8\50,000\41,176\8,824\684,122
9\50,000\41,677\8,323\642,445
10\50,000\42,184\7,816\600,261
11\50,000\42,697\7,303\557,564
12\50,000\43,217\6,783\514,347
13\50,000\43,743\6,257\470,604
14\50,000\44,275\5,725\426,329
15\50,000\44,813\5,187\381,516
16\50,000\45,359\4,641\336,157
17\50,000\45,911\4,089\290,246
18\50,000\46,469\3,531\243,777
19\50,000\47,035\2,965\196,742
20\50,000\47,607\2,393\149,135
21\50,000\48,186\1,814\100,949
22\50,000\48,772\1,228\52,177
23\50,000\49,366\634\2,811
24\2,845\2,811\34\0

返済期間は24ヶ月(2年間)になり、返済額の合計は、1,152,845円となります。返済額を20,000円〜50,000円の範囲で変更してみると、シミュレーションの結果は次のように変わります。

返済額返済総額利息合計返済期間
\20,000\1,550,160\1,540,16078ヶ月
\30,000\1,290,266\1,280,26643ヶ月
\40,000\1,199,479\1,189,47930ヶ月
\50,000\1,152,845\1,142,84524ヶ月

カードローンの約定返済額だけを返済すると?

総量規制対象外カードローンの「約定返済額」だけを返済するとどうなるか?という点を確認してみます。

借入残高返済額
10万円以下3,000円
10万円超〜20万円5,000円
20万円超〜30万円7,000円

上のような返済額が設定されているカードローン(年率15%)で、約定返済額どおりの返済をすると、次のような結果となります。

回数返済額元金利息残高
1\7,000\3,250\3,750\296,750
2\7,000\3,291\3,709\293,459
3\7,000\3,332\3,668\290,127
4\7,000\3,374\3,626\286,753
5\7,000\3,416\3,584\283,337
6\7,000\3,459\3,541\279,878
7\7,000\3,502\3,498\276,376
8\7,000\3,546\3,454\272,830
9\7,000\3,590\3,410\269,240
10\7,000\3,635\3,365\265,605
11\7,000\3,680\3,320\261,925
12\7,000\3,726\3,274\258,199
(中略)
90\3,000\2,596\404\29,741
91\3,000\2,629\371\27,112
92\3,000\2,662\338\24,450
93\3,000\2,695\305\21,755
94\3,000\2,729\271\19,026
95\3,000\2,763\237\16,263
96\3,000\2,797\203\13,466
97\3,000\2,832\168\10,634
98\3,000\2,868\132\7,766
99\3,000\2,903\97\4,863
100\3,000\2,940\60\1,923
101\1,947\1,923\24\0

約定返済額だけの返済では、返済期間が101ヶ月(8年5ヶ月)、返済額の合計が473,947円になります。わずか30万円の借入れで8年5ヶ月の返済期間は、非常に長すぎます。

返済当初の7,000円の返済を継続していれば、同じ条件でも62ヶ月の返済期間、返済総額は432,308円ですみます。もう少し頑張って返済額を1万円にできれば、返済期間が38ヶ月、返済合計が378,331円にまで減らせます。

総量規制対象外で高額融資を実現することも大切ですが、このようなリボルビング方式の仕組みについても理解しておくことが重要ですね

カードローンの申込みから現金受取りまでの流れ

おすすめの総量規制対象外カードローンの申込方法

総量規制対象外カードローンの申込方法では、「インターネット申込み」を選ぶ人がほとんどです。インターネット以外の郵送や電話、店頭窓口の方法でも申し込めますが、手続きに時間がかかる、というデメリットがあるからです。

カードローンの申込みは、24時間、いつでも金融機関のホームページで受け付けています。パソコンやスマートフォン、携帯電話などで公式サイトにアクセスし、ホームページから申込み手続きをするようにしましょう。

即日融資を希望するなら「最短30分」としているカードローンを選択!

少しでも早くお金を受け取りたい、というときがありますが、そんなときは、「最短30分」で審査が終了するとしているカードローンを選んでください。

一般に「総量規制対象外カードローンは、審査に時間がかかる。」と思われていますが、迅速審査が得意な金融機関も多くあります。

とくに、審査が「最短30分」で終了するとしているカードローンなら、申込み完了から約1時間での現金受取も不可能ではありません。収入証明書なしで申し込めるカードローンを選べば、申込み手続きも、今すぐに開始できるのではないでしょうか。

1分でも1秒でも早くお金を受け取りたいなら、少しでも早く「行動」することが重要です。

ローンカードは夜間でも借りれる方法として人気

インターネットからカードローンの申込みを行い、ローンカードを自動契約機で受け取れば、24時間、いつでもお金が受け取れる状態になります。

金融機関により若干の違いはありますが、ローンカードが大手コンビニのATMと提携しているのが一般的です。受け取ったローンカードをコンビニATMに挿入し、画面の案内に従って希望額を入力すると、その場で現金が受け取れる仕組みとなっています。

コンビニATMは、真夜中や早朝でも使うことができますので、ローンカードさえ受け取れば、即日融資が実現できるというわけです。

以上のように、総量規制対象外カードローンには、数多くのメリットがあります。収入証明書なしでの申込みも不可能ではありませんので、初めてのキャッシングで利用するサービスとしてもおすすめです。

カードローンを条件で探す
カードローン会社一覧
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • モビット
  • プロミス
  • アコム

×