カードローン会社紹介

プロミスを徹底検証!特徴・審査・金利などを比較!


SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

プロミス
最短1時間融資
実質年率
4.5%〜17.8%
利用限度額
500万円
融資スピード
最短1時間融資
コンビニ対応
セブンイレブン ファミリーマート ローソン サンクス

公式サイトへ
目次

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの特徴

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、なんといっても迅速な審査が受けられる点に特徴があります。カードローンの審査は、申込み完了から「最短30分」で終了し、1時間以内に融資を受けることも不可能ではありません。

安定した収入があれば、アルバイトやパート勤務でも申込みが認められていますので、誰にとっても頼りになる金融機関ではないでしょうか。

また、プロミスには、30日間無利息が用意されている点も人気があります。契約後、メールアドレスの登録とWEB明細利用の登録が必要ですが、最初の借入日から30日分の利息が0円になります。

初めてのキャッシングで金利に不安を感じる人もいますが、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスなら安心ですね。

プロミスのメリットとは?

プロミスなら最短、即日融資も可能です!

プロミスは、国内でも大手の消費者金融のサービスになりますので、やはり、スピーディーな審査に定評があります。プロミスの審査は、申込み完了から最短30分で終了し、その後、自動契約機を使って即日カード発行も可能です。

プロミス公式サイト

カードローンの申込みで迷っている人の多くは、「少しでも早くお金を受け取りたい」と考えています。プロミスの審査があっという間に終了しますので、審査結果を待っている間のイライラも少なくて済みます。

プロミスでは、審査結果の連絡を9:00〜21:00の時間帯で行っています。

平日・土日に関係なく14時以降の申込みでも即日カード発行が見込めますので、融資を急ぐ人にとっては、最適のカードローンではないでしょうか。

30日間無利息があるのでお得!

プロミスには、メールアドレスの登録とWEB明細利用を条件に「30日間無利息サービス」のプレゼントがあります。

30日間無利息サービス

30日間無利息サービスは、初回借り入れの翌日から30日間の利息が0円になるというものです。

初回借り入れの翌日から30日以内であれば、全額完済した後の借入れでも適用されますし、追加融資をした場合でも30日間無利息が適用されます。

たとえば、プロミスから15万円の借入れをする場合で、金利を年17.8%と仮定すると、15万円×0.178×30÷365=2799円もお得になります。

プロミスの金利は、消費者金融のなかでは一般的な水準ですが、30日間無利息を使うと、ローンの金利負担が少なくなることが分かりますね。

アルバイトやパート主婦でも申し込めます!

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスなら、アルバイトやパート勤務の主婦でも安定して収入があるため、プロミスのカードローンに申し込めます。

さらに、キャッシングの利用が初めてで、希望する金額が50万円以下の場合なら、運転免許証を用意するだけで申込み手続きに入れます。

公式サイトへ

プロミスのデメリット

カードローン金利が高水準

まず、プロミスの金利は、審査によって年4.5%〜17.8%の範囲に決まりますが、最初は、年17.8%に決まることが多くなります。

銀行カードローンの中に年率18%近くの金利設定をしているものもありますが、カードローン全体としては高い水準にあります。

そのため、少ない金額を短期間で返済する使い方には適していますが、ローンのおまとめや海外旅行、住宅のリフォームといった高額融資を必要とする目的には使いにくいかもしれません。

収入証明書が必要になることも・・・

また、プロミスは、貸金業法が規制する「貸金業者」になりますので、下記のの2つの場合に収入証明書を提出することになります。

  1. 希望額が50万円を超えるとき
  2. 他の貸金業者からの融資との合計が100万円を超える融資のとき
収入証明書

貸金業法の規制を受けない銀行カードローンでは、「100万円まで収入証明書なし」というサービスもありますので、銀行と比べると提出することになる機会が多くなります。

もし、希望する金額が多く、収入証明書の用意が困難なときは、収入証明書なしで借入れできる銀行カードローンも検討するようにしましょう。

専業主婦はプロミスに申し込めない!

最後に、プロミスは、総量規制が影響するカードローンになりますので、融資できる金額は、最高でも「年収の3分の1まで」となります。

たとえば、毎月10万円のパート収入がある主婦は、年収120万円になりますので40万円が限度額の上限になるということです。

しかし、お仕事をしていない専業主婦は、この規制があることによって、融資が受けられなくなっています。専業主婦は、利用が認められている銀行カードローンを選ばないといけないので、これもプロミスのデメリットになるかもしれませんね。

公式サイトへ

あなたに合っているか確認!

希望額と年収のバランスでプロミスを選択!

まず、今、借入しようとしている金額と自分の年収を比較し、ローンの希望額×3>年収の場合は、プロミス以外の銀行カードローンを選ぶことになります。

プロミスには、総量規制の影響がありますので、借入できる金額の上限は、年収の3分の1までに制限されます。また、下記の場合は、年収を証明する書類が必要になります。

  1. ローンの希望額>50万円
  2. ローンの希望額+他の消費者金融の残高>100万円

源泉徴収票や納税証明書、確定申告書の写しなどのいずれかを提出することになりますので、用意が難しいときも銀行カードローンが適しています。

SMBCコンシューマーファイナンスのような消費者金融からの融資は、あくまでも少額を短期間に返すために利用するのが理想ではないでしょうか。

審査に自信があるなら低金利ローンも検討

正社員や公務員の方は、他の方と比べるとプロミスの審査に自信があると思います。

借入したお金を短期間で返済する予定ならいいですが、長期的な返済を検討しているなら、低金利ローンの利用も検討が必要です。

カードローンの審査は、金利が低金利になるほど難しくなりますが、審査に通れば、プロミスよりも金利負担を減らせる場合があります。

プロミスは、消費者金融のカードローンになりますので、一般的な銀行カードローンよりも金利が高めに設定されています。

審査に自信のある方は、低金利カードローンで負担を減らす、ということも考えていいと思います。

返済期間の長さでプロミスを選択!

「30日間無利息」があるという理由でプロミスを選ぶ人もいますが、長期的な返済を計画している場合は、無利息がなくても低金利のローンにメリットがある場合があります。

低金利ローンのメリットが無利息サービスのメリットを上回ることもあることを理解し、総合的に自分に合ったサービスを見つけるようにしてください。

公式サイトへ

プロミスの総量規制の影響について

総量規制というのは、2010年6月18日に施行された「改正貸金業法」に盛り込まれた、新しいキャッシングの仕組みのことをいいます。これまで、返済能力を上回る過剰な貸し付けが横行していたことから、個人への過剰貸付を禁止する内容となっています。

総量規制の具体的な内容について

具体的には、プロミスなどの消費者金融のキャッシングでは、総量規制により、年収の3分の1を超える融資が禁止されています。

たとえば、年収300万円の人への融資なら、「貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える融資となってはいけない」というのが総量規制です。

プロミスのような消費者金融からの借り入れが「高額融資には向かない」というのは、貸金業法による、規制があるからというのも理由になっています。

50万円超の高額融資を希望する人は、総量規制対象外の銀行カードローンの利用も検討してみてください。

総量規制の「年収の3分の1」の計算範囲について

総量規制の「年収の3分の1」の範囲について誤解されている人がいますが、「貸金業者のキャッシング残高の合計」について計算します。

たとえば、年収300万円の人に、消費者金融Aから30万円の借り入れがあり、クレジット会社Bから20万円のキャッシングをしていたとします。

この人がプロミスに申し込んだ場合、「30万円+20万円+プロミスの限度額」が年収の3分の1を超えられない、ということです。

また、銀行カードローンや自動車ローン(担保があるローン)、クレジットカードのショッピング残高などは、この年収の3分の1の計算に含めないという点も間違えないようにしてください。

貸金業法による総量規制以外の影響について

貸金業法がSMBCコンシューマーファイナンスなどの消費者金融に規制しているのは、総量規制だけではありません。

貸金業法では、「収入証明書を提出させるとき」、「提携ATMの手数料を徴収すること」など、利用者に大きな影響を与える内容の規制もあります。

消費者金融と銀行カードローンの違いについて確認し、プロミスが自分に合っているかどうかを判断するのがおすすめです。

公式サイトへ

プロミスの金利および利息の計算について

プロミスとはいえ、消費者金融の金利に不安があると、カードローンの申し込みの決意ができません。2010年に出資法が改正され、プロミスの金利も大幅に引き下げられていますが、金利や利息の基本的なことは理解しておくようにしましょう。

プロミスの借入利率について

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでは、審査の結果に応じて、4.5%〜17.8%(実質年率)の金利が設定されます。

はじめてのキャッシングで少額融資を希望する場合は、おおむね、年率17.8%に決まることが多いようです。

このプロミスの金利水準は、「消費者金融の中では、ごく一般的な水準」「低金利の銀行カードローンと比較すると、やや高めの水準」といえます。

金利が高いかどうかは、実際に発生する利息額を計算し、「お金を借りるというサービスの対価」として妥当かどうかを考えるのがおすすめです。

プロミスから10万円借入したときの30日分の利息額はいくら?

利息の基本的な計算方法は、「発生する利息額=借入残高×金利×利用日数÷365日」に代入して計算します。

プロミスから年17.8%の金利で10万円の借入をした場合、30日ごとに発生する利息額は、利息=10万円×0.178×30÷365=1,463円となります。

5万円の借り入れなら約730円3万円なら約440円が30日分の利息の目安になります。

毎月の返済額で合計返済額(元本+利息額)を計算してみると、下の表のようになります。

返済額返済期間合計返済額
5,000円24か月119,490円
10,000円11か月109,043円
15,000円8ヶ月106,078円
20,000円6ヶ月104,694円
25,000円5ヶ月103,874円

上の表からも分かる通り、毎月の返済額を増やすほど返済期間が短く、返済総額も減らすことができます。

金利の計算は返済シミュレーションを使うのがおすすめ!

長期的なローンの返済を計画している人は、返済シミュレーションを利用して返済計画を考えるのがおすすめです。

返済シミュレーション画面

返済シミュレーションは、プロミスの公式サイトにあるサービスで、借入額や返済期間から毎月の返済額を知ることができたり、利息の負担の大きさを確認できたりします

プロミスの会員になる前でも無料で利用できますので、実際に申し込む前に返済シミュレーションで返済プランを考えてみることをおすすめします。

公式サイトへ

プロミスへの申込みから現金受取までの流れ

プロミスからの融資は、プロミスカードを使った「ATMからの現金受取」、および、指定の銀行口座に振り込んでもらう「振込キャッシング」の2つがあります。申込方法では、インターネット申込みが選ばれていますが、現金受取の方法の違いなども確認しておくようにしましょう。

プロミスへの申込方法について

まず、プロミスへの申込方法に「店頭窓口(お客様サービスプラザ)」や「電話」などもありますが、公式サイトから申し込む「インターネット申込み」を選ぶのが一般的です。

選べる2つのお申込み方法

プロミスのインターネット申込みは、パソコンやスマートフォン、携帯電話からプロミスのサイトにアクセスし、そこで必要な審査項目を入力して申し込む方法です。

インターネット申込みのメリットは、やはり、申込完了と同時に審査が始まることです。

1分でも1秒でも早くお金を受け取りたいときは、迷うことなく、インターネット申込みを選ぶのがおすすめです。

インターネット申込みには、「カンタン入力でお申込み」と「フル入力でお申込み」がありますが、早く申込みを完了させるためには、「フル入力でお申込み」での申込みをした方が早いです。

「カンタン入力で申込み」は、一見入力項目が少ないですが、あとから電話がかかってきて、口頭で、勤務先の住所などを伝えることになります。

担当オペレーターから漢字など間違わないように、かなり詳しく聞かれ、確認で復唱されたり、正確な情報を聞かれ時間もかなりかかってしまいます。

郵送以外のローンカードの受取方法とは?

プロミスの審査が完了したら、次は、プロミスカードの受け取りになります。

プロミスカードは、自宅に郵送してもらうことも可能ですが、早く受け取りたいとき、郵送物が困るときは、自分から受け取りに行くようにしてください。

自動契約機

全国各地に設置されている、プロミスの自動契約機がありますので、そこで、カード発行を受けるようにします。

自動契約機が設置されている場所は、プロミスのサイトで調べられますので、審査結果を待っている時間を使って調べるようにしましょう。

現金受取りの2つの方法について

プロミスからの現金受取(融資)の方法には、振込キャッシングとカードキャッシングの2種類があります。
振込キャッシングは、自分が指定する銀行の口座に振り込んでもらう方法で、三井住友銀行、あるいは、ジャパンネット銀行への振り込みなら、24時間いつでも約10秒で振込が完了します。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合
曜日 受付時間 振込実施時間
月〜金 0:00〜24:00
24時間受付
受付完了から10秒程度
土・日・祝日
三井住友銀行・ジャパンネット銀行以外の通常の振込キャッシング
曜日 受付時間 振込実施時間
月〜金 0:00〜9:00 当日9:30 頃
9:00〜14:50 受付完了から10秒程度
14:50〜24:00 翌営業日9:30 頃
土・日・祝日 0:00〜24:00 翌営業日9:30 頃
※毎週月曜日0:00〜7:00はサービスを停止。
※元日は終日サービスを停止。

振込キャッシングは、とても便利な融資の方法ですが、現金を受け取りたいときは、プロミスカードを使うことになります。

プロミスATM

プロミスATMやプロミスカードと提携しているコンビニATMやスーパーのATM、駅構内などに設置されているATMにカードを挿入し、画面の案内にしたがって操作すれば、そこでお金が受け取れるようになっています。

公式サイトへ

プロミスのカードローン審査

プロミスのカードローン審査は、とても迅速に行われている点に人気があります。インターネットからの申込み完了後、「最短30分」で回答がありますので、混雑している場合でも1時間以内に結果を知ることができると思います。カードローン審査の注意点、必要なものなどを理解し、プロミスへの申込みに備えるようにしてください。

まずは、プロミスの簡易審査を受けてみる!

プロミスには、カードの限度額はともかく、「カードが発行できるか?」という点を確認するための簡易審査があります。

お借入診断画面

「お借入診断」という名前のサービスのことですが、生年月日と年収、現在のお借入金額の3項目を入力すると、その場でプロミスカードが作れるかどうかの目安が分かります。

もちろん、名前や住所、電話番号などの入力なしで簡易審査が受けられますので、申込みを決意する前でも利用できるメリットがあります。

カードローン審査で「審査落ちになるのでは?」と不安に感じているなら、まずは、プロミスのお借入診断を受けるようにしましょう。

プロミスのカードローン審査に必要な書類について

プロミスのカードローン審査で必要なものは、「本人確認書類」と「収入証明書類」です。

本人確認書類

本人確認書類は、プロミスに申し込んだ本人であることを確かめるためのもので、基本的には、運転免許証を使います。

運転免許証の交付を受けていない方は、パスポートなどを用意すれば申し込めます。また、収入証明書類については、絶対に必要になるというものではありません。

収入証明書

希望額が50万円を超えているとき、あるいは、すでに消費者金融から借り入れしている残高との合計額が100万円を超えるときに必要になります。

収入証明書が必要な場合は、できるだけ早めに書類を用意しておくことが申込みをスムーズにするコツになります。

カードローン審査で絶対にしてはいけない行為とは?

カードローン審査では、すべての審査項目について正確に伝えるようにしてください。

名前や住所、電話番号に間違いがあったらいけないのはもちろん、お勤め先の名称や住所なども正確に入力します。

とくに、すでに借金がある方は、現在の借入残高と借入件数については、正直にプロミスに伝えるようにしてください。

審査項目で嘘をついてしまったり、うっかりでも正確な情報を伝えると、それが原因となって審査落ちとなることがあるので注意が必要です。

公式サイトへ

プロミスカードが利用可能な提携ATM

プロミスカードは、以下の提携ATMで利用できます。ATM手数料が発生するATMもありますので、事前に確認してから利用するようにしてください。

提携ATM主な設置場所ATM手数料
三井住友銀行ATM三井住友銀行無料
ゆうちょ銀行ATMゆうちょ銀行取引金額が1万円以下:108円
取引金額が1万円超:216円
セブン銀行ATMセブンイレブン
イトーヨーカドー
E.netATMファミリーマート
スリーエフ
ローソンATMローソン
ナチュラル・ローソン
※ゆうちょ銀行でのお借入れ・ご返済には、Web明細のご登録が必要です。

プロミスの詳細スペック

融資限度額500万円まで
金利適用方式単一金利
借入利率4.5%〜17.8%
遅延利率20.0%(実質年率)
返済方式残高スライド元利定額返済方式
返済日5日、15日、25日、末日の中から、都合の良い返済日が選べます。

※三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替による返済は、返済期日が5日となります。
返済期間・回数最長6年9ヶ月・1〜80回
お申込条件年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方

※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入があれば申込めます。
資金使途生計費(個人事業主は、生計費および事業費)
担保・保証人不要
公式サイトへ

プロミスのまとめ

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、審査が「最短30分」で終了で、30日間無利息があるサービスです。

安定した収入があれば、アルバイトやパート勤務の主婦でも申込みが可能です。

2社目以降のキャッシングの借入れにプロミスが選ばれることも多いですが、やはり、初めてのキャッシングにプロミスを選ぶという人が多くなります。大手の消費者金融という安心感があり、土日や祭日でも即日キャッシングが見込めます。

ただし、プロミスのキャッシングは、総量規制の影響を受けています。あなたの年収の3分の1を上回る借り入れはできない仕組みとなっていますので、希望額は、できるだけ少ない金額をプロミスに伝えるようにしてください。

プロミスは、最短1時間で融資ができるとしています。真夜中や早朝、元旦でない限りは、今から1時間後にお金を受け取れるということです。

カードローン審査に必要な本人確認書類を用意したら、まずは、プロミスのサイトにある「お借入診断」を試してみてはいかがでしょうか?


プロミスに関するFAQ
プロミスから自宅や職場に郵送物が送られてくることはありますか?

プロミスに申込み後、WEB明細を希望することで、自宅や職場への郵送物の危険性が少なくなります。ただし、プロミスを利用中に支払いに遅れが生じると、自宅や職場に連絡が入ることがあります。プロミスへの支払いが遅れることがわかっているときは、できるだけ自分から連絡を入れるようにすることが重要です。万一、プロミスから携帯電話に連絡が入ったら、必ず電話に出るようにしてください。

カードローン審査での在籍確認が心配です・・・

プロミスの在籍確認は、担当者個人名で電話がかけられていますので、プロミスからの電話と分かることはありません。プロミスは、プライバシーに十分に配慮してくれるサービスですので、在籍確認の電話を気にする必要はないと思います。ただし、どうしても在籍確認の電話が気になるときは、申込みをしたら、すぐに電話でオペレーターに相談してみることをおすすめします。

プロミスの解約方法は、どうやってするのですか?

プロミスとの契約を解約したい場合は、プロミスコールに電話をかけるか、あるいは、お客さまサービスプラザ(店頭窓口)に希望を伝え、解約の手続きを取ってもらいます。プロミスのカードは、完済後も保有し続ける人もいますが、安易な借り入れを避けるため、その都度、解約するのもおすすめです。

振込キャッシングをしたときの振込名義人は「プロミス」ですか?

プロミスからあなたが指定する銀行口座への込みが行われた場合、振込み名義人は、「パルセンター」または「プロミス」になります。振込み名義人は、振込キャッシングを利用する前に、あらかじめ指定できるようになっています。

プロミスは、繰上返済や一括返済はできますか?

プロミスのカードローンは、繰上返済や一括返済にも対応しています。繰上返済は、特別な手続きをすることなく、返済金額以上の金額を返済するだけです。ローンの残高全額を返済する場合は、返済する日により支払い額が異なりますので、プロミスコールへの連絡が必要になります。入金する金額を確認したら、オペレーターが指定する方法で入金手続きを行ってください。

SMBCコンシューマーファイナンス プロミス
プロミス
最短1時間融資
実質年率
4.5%〜17.8%
利用限度額
500万円
融資スピード
最短1時間融資
コンビニ対応
セブンイレブン ファミリーマート ローソン サンクス

  • すべてWEBで完結も対応可能!
  • 初めての借入日に翌日から30日間無利息!
  • プロミスカード発行なしを選択すれば郵送物なし!
  • 三井住友銀行の銀行口座で24時間借入可能!
  • ジャパンネット銀行の銀行口座で24時間借入可能!
公式サイトへ

※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

カードローンを条件で探す
カードローン会社一覧
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • モビット
  • プロミス
  • アコム

×