条件でカードローンを探す

アルバイトでもカードローンでお金を借りる方法


アルバイトでもカードローンでお金を借りる方法

アルバイトだからといって、カードローンで借入れできないと思っていませんか?

アルバイト勤務の人はもちろん、パートの主婦や専業主婦もカードローンでの借り入れに成功しています。ローンの選び方さえ間違えなければ、アルバイトでも条件の良いカードローンが見つかりますよ。

目次

アルバイトは総量規制に気をつける!

総量規制カードローンとは?

総量規制というのは、2010年6月に始まった、キャッシングの新しい仕組みのことをいいます。これまで、キャッシングで「お金の借り過ぎ」という問題が多くありましたので、法律によって、過剰貸付を禁止しようというものです。

具体的には、総量規制では、年収の3分の1を超える融資を禁止しています。いくつかの例外や除外はありますが、たとえば、年収150万円のアルバイトの人への融資は、原則、50万円を超えることができない、というものです。

総量規制が影響するカードローンでは、高額融資ができない仕組みになっていますので、状況に応じて「総量規制対象外カードローン」も検討するようにしましょう。

年収の3分の1の範囲について

総量規制は、貸金業者が年収の3分の1を超える融資を禁止するものですが、「年収の3分の1に何が含まれるのか?」が重要です。

基本的には、消費者金融の借金のことですが、「自動車ローンの残高」「クレジットカード(ショッピング枠)の残高」「銀行カードローンの借入残高」は、年収の3分の1の計算に含めません。

あくまでも、貸金業者(消費者金融、クレジットカード会社など)から無担保で借入した借金の残高が年収の3分の1まで、となっている点に注意するようにしてください。

総量規制対象外カードローンとは?

総量規制は、すべてのカードローンを規制するものではありません。貸金業法が規制しているのは、あくまでも貸金業者だけです。

貸金業者というのは、消費者金融やクレジット会社、信販会社のことをいいます。ポイントは、「銀行」が貸金業者に含まれていないことです。

銀行は、貸金業法が規制する貸金業者ではありませんので、必然的に「銀行カードローンは総量規制対象外」ということになります。年収の3分の1を超える融資も不可能ではありませんので、高額融資が必要なアルバイトにも人気があります。

収入証明書が必要になる!?

消費者金融で収入証明書が必要になるとき

消費者金融をはじめとする「貸金業者」のキャッシングでは、「収入証明書を提出するとき」が貸金業法で決められています。無理のある借入とならないようにするため、貸金業者に返済能力を調査する義務を課している、という意味です。

具体的には、消費者金融の融資では、2つの場合に収入証明書が必要になります。
  1. 希望額が50万円を超える融資をするとき
  2. 貸金業者の借入残高の合計が100万円超になる融資をするとき

上の2つの場合に、アルバイトの勤務先から受け取る「源泉徴収票」などの提出が求められますので、必要に応じて書類の用意もしておく必要があります。

銀行カードローンなら収入証明書不要!?

銀行カードローンは、「収入証明書不要」といわれることがありますが、正確には、提出する条件が消費者金融よりも“ゆるい”という意味です

銀行は、貸金業法の規制を受けていませんので、それぞれ、独自の基準(タイミング)で収入証明書の提出を求めています。銀行の多くは、100万円以下では収入証明書不要としています。

最高で「300万円まで収入証明書不要」という銀行カードローンもありますので、希望額に応じてカードローンを選べば、収入証明書なしにできるということですね。

書類不要でお金を借りる方法がおすすめ!

アルバイト勤務の人は、源泉徴収票や課税証明書といった「所得証明書」の用意に時間がかかることがあります。手元に書類がある場合は良いですが、そうでないときは、やはり、書類不要で申し込めるカードローンがおすすめです。

プロミスアコムなどの消費者金融では50万円超の希望額で収入証明書の提出が求められます。

希望額が多いときは、書類不要で申し込める「銀行カードローン」も検討するようにしてください。収入証明書なしで申し込めれば、その分だけ、融資を受けるまでの時間を短縮できるようになります。

アルバイトの即日融資で借りる方法

カードローンの即日融資とはなにか?

カードローンの即日融資は、申し込んだ当日中に現金を受け取ることを意味します。金融機関により若干違いはありますが、下記の流れになります。
  1. インターネット申込み
  2. 審査後、自動契約機でローンカードの受け取り
  3. カードを使って現金の受け取り

即日融資を実現するためには、なによりも「審査が早いカードローン」を選ぶことが大切です。カードローンの審査は、最短30分で終了するとするものから1週間以上かかるものもあります。審査が早く終了するカードローンを選べば、その分だけ、カード受取り、現金受取の手続きに早く進めます。

消費者金融は即日融資が得意!

一般に銀行カードローンと比較すると、消費者金融の方がカードローン審査が迅速に行われます。消費者金融は、過去の融資実績が豊富にあり、融資の決定を迅速に行えるからです。

アルバイトをしていれば、大手の消費者金融に申し込めますので、年収の3分の1以下の希望額なら、消費者金融からサービスを選ぶのもおすすめです。

総量規制対象外でも即日融資は可能です!

また、どうしても高額融資を即日で受けたいという場合は、審査が迅速な銀行カードローンを選ぶこともできます。銀行カードローンでも「最短30分で審査が終了」というものがあり、1時間以内にお金を受け取れる場合もあります。

アルバイトだからといって、即日融資が受けられないということはありません。早急にカードローンを選び、できるだけ早く審査を始めてもらうようにすることが即日融資に成功するための秘訣です。


アルバイトにおすすめのカードローン!

最短1時間で借入ができるカードローン!

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム
アコム
最大30日間金利0円!
実質年率
3.0%〜18.0%
利用限度額
800万円
融資スピード
最短1時間融資
コンビニ対応
セブンイレブン ファミリーマート ローソン サンクス

  • 初めての契約で最大30日間金利0円サービス!
  • 楽天銀行の銀行口座で24時間356日借入可能!
  • 申込みから審査完了まで最短30分のスピード審査!
  • 初回平日18時までに審査完了で即日借入も可能!
公式サイトへ

当サイトが一番おすすめのカードローン!

SMBCコンシューマーファイナンス プロミス
プロミス
最短1時間融資
実質年率
4.5%〜17.8%
利用限度額
500万円
融資スピード
最短1時間融資
コンビニ対応
セブンイレブン ファミリーマート ローソン サンクス

  • すべてWEBで完結も対応可能!
  • 初めての借入日に翌日から30日間無利息!
  • プロミスカード発行なしを選択すれば郵送物なし!
  • 三井住友銀行の銀行口座で24時間借入可能!
  • ジャパンネット銀行の銀行口座で24時間借入可能!
公式サイトへ

※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

カードローンを条件で探す
カードローン会社一覧
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • モビット
  • プロミス
  • アコム

×