条件でカードローンを探す

無利息のカードローンでお金を借りる方法


無利息のカードローンでお金を借りる方法

カードローンの無利息は、「申込みをするのが初めて」などのいくつかの条件を満たしている人を対象に、一定期間の利息を0円にするというものです。30日間無利息や1週間無利息、5万円まで180日間無利息などありますので、自分に合った無利息カードローンを選ぶというのもおすすめです。

目次

無利息カードローンで借りる方法のメリットとは?

無利息はやっぱりお得!

無利息カードローンのメリットは、やはり、利息の負担が少ないことのメリットが大きくなります。

たとえば、30日間無利息になるカードローンで年率18%で10万円の借入をした場合、10万円×0.18×30÷365=1,479円もお得になります。

カードローンの利息は、「お金を借りる」というサービスに対する価格ともとれますので、無利息があり、利息の支払い合計額が少なくなれば、その分だけお得だということが分かります。

カードローン申込み前の不安が少ない!

カードローンの無利息は、負担が少ないというメリットがあるだけでなく、カードローンの申込みに対する不安が少なくなる、という側面もあります。カードローンの利用が初めての人にとっては、お金を借りるということに大きな不安を感じます。

お金を借りるということに恐怖を感じてしまう人もいますが、一定期間でも無利息があれば、その恐怖心も和らぎます。

もちろん、無利息だからといって、無計画に借り入れすることは、おすすめできません。やむを得ず借り入れが必要な場合に「無利息カードローンも検討してみる」と考えるのがおすすめです。

自分に合った無利息が選べる!

いくつかの無利息サービスを提供している金融機関がありますが、サービスごとに無利息の内容が若干異なっています。無利息カードローンの特長に違いがあるということは、その中から自分に合ったサービスを選べるということです。

30日間無利息や5万円まで180日間無利息など、希望している金額や返済計画の内容に応じて無利息が選べるのも大きなメリットではないでしょうか。

また、低金利ローンを希望しているものの、審査に自信がない、という場合があります。このようなときは、あえて金利が高いカードローンを選び、無利息で負担を少なくする、という借りる方法もおすすめです。

無利息があるカードローンとは?

消費者金融プロミスの30日間無利息!

無利息カードローンといえばプロミス、というほど、プロミスの30日間無利息は人気があります。プロミスの30日間無利息は、下記を対象に初回ご利用日から30日分の利息が無利息になります。

  • プロミスをはじめて利用する方
  • Eメールアドレスを登録し、WEB明細を利用する方

プロミスの金利は、最高で年率17.8%となっていますので、30万円の借入なら4,389円の利息が0円となります。無利息期間が終了すると、通常どおりの利息が発生しますが、短期間での借入なら、利息の負担を最小限にしてキャッシングできます。

SMBCコンシューマーファイナンス プロミス
プロミス
最短1時間融資
実質年率
4.5%〜17.8%
利用限度額
500万円
融資スピード
最短1時間融資
コンビニ対応
セブンイレブン ファミリーマート ローソン サンクス

  • すべてWEBで完結も対応可能!
  • 初めての借入日に翌日から30日間無利息!
  • プロミスカード発行なしを選択すれば郵送物なし!
  • 三井住友銀行の銀行口座で24時間借入可能!
  • ジャパンネット銀行の銀行口座で24時間借入可能!
公式サイトへ

※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

新生銀行レイクの選べる2つの無利息!

新生銀行カードローンのレイクには、「30日間無利息」または「5万円まで180日間無利息」の2つの無利息があります。

レイクの無利息は、レイクの契約が初めての方なら誰でも利用できます。2つの無利息のうち、自分にとって条件の良い方を1つ選び、その無利息を適用できるようになっています。

どちらの無利息が自分にとって有利になるかは、レイクの公式サイトにある「どっちがおトク?シミュレーション」で確認できます。

レイクは、総量規制対象外カードローンでもありますので、高額な借り入れでも負担を少なくできる点に人気があります。

新生銀行カードローン レイク
新生銀行カードローンレイク
最大180日間無利息
実質年率
4.5%〜18.0%
利用限度額
500万円
融資スピード
最短即日
利用可能なコンビニ
セブンイレブン ファミリーマート ローソン サンクス

  • 土日祝でもカード発行で借入OK!
  • 自分の銀行口座に即日振込可能!※1
  • 提携ATMの借入・返済は手数料無料!
  • 初めての契約で180日間と30日間無利息が選べる!
公式サイトへ

消費者金融アコムの無利息とは?

消費者金融アコムの無利息は、「30日間金利0円サービス」という名前で提供されています。アコムとの契約が初めてで、返済期日「35日ごと」で契約した方が対象となります。

アコムの無利息は、基本的には、プロミスやレイクの30日間無利息と同じものです。

しかし、注意しなければならないのは、「返済期日が35日ごとになる」という点です。一般のカードローンでは、毎月1回、約定返済日が到来しますが、35日ごとに返済日が到来すると、返済日を忘れてしまうリスクが高くなります。

毎月の返済日の管理に自信がない人は、レイク、あるいは、プロミスの無利息を選ぶようにしましょう。

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム
アコム
最大30日間金利0円!
実質年率
3.0%〜18.0%
利用限度額
800万円
融資スピード
最短1時間融資
コンビニ対応
セブンイレブン ファミリーマート ローソン サンクス

  • 初めての契約で最大30日間金利0円サービス!
  • 楽天銀行の銀行口座で24時間356日借入可能!
  • 申込みから審査完了まで最短30分のスピード審査!
  • 初回平日18時までに審査完了で即日借入も可能!
公式サイトへ

無利息カードローンで借りる方法のデメリットとは?

無利息と低金利ローンの比較

無利息のカードローンだから最も有利と考える人もいますが、返済計画によっては、無利息がない低金利ローンが有利なることがあります。

消費者金融のプロミスや新生銀行カードローンレイクは、カードローンの中では、比較的に金利が高めに設定されていますので、場合によっては、低金利ローンの方が負担が少なくなることがあるということです。

そのため、いくつかのカードローンの公式サイトにアクセスし、返済シミュレーションを使ってみることが重要になります。自分が考えている返済期間(毎月の返済額)の場合、「無利息があったほうが有利になるのか?」という視点で比較してみることをおすすめします。

無利息でも安易に借り入れしない!

無利息カードローンのデメリットではありませんが、利息が0円になる期間があるからといって、安易に借り入れするのは危険です。無理のない借り入れを心がけるのはもちろん、希望額も必要最小限の金額を伝えるようにしてください。

無利息期間が終了すれば、通常のカードローン金利が発生し、金利に応じた利息の支払いが必要になります。自分の1か月の収入と支出を考え、毎月いくらまでなら返済できるか、ということから考えてみてはいかがでしょうか。

以上のように、無利息カードローンは、利用者にとって有利であることはもちろんですが、安易に借り入れを勧めるためのものではありません。借り入れした後は、計画的な返済が必要になるという点を考慮し、自分に合った借りる方法を考えるようにしましょう。

カードローンを条件で探す
カードローン会社一覧
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • モビット
  • プロミス
  • アコム

×