カードローン会社紹介

モビットを徹底検証!審査・返済額・提携ATMを比較してみた!


三井住友銀行グループ モビット

モビット
バレないように借入可能
実質年率
3.0%〜18.0%
利用限度額
800万円
融資スピード
最短即日
利用可能なコンビニ
セブンイレブン ファミリーマート ローソン サンクス

公式サイトへ
目次

モビットには、電話の在籍確認がなくなる「Web完結申込」が用意されています。Web完結申込を利用するために、いくつかの条件がありますが、通常申込も人気があります。三井住友銀行グループという安心感があるので、初めてのキャッシングでも選ばれています。

申し込みから借入れ(融資)まで

モビットへの申込み

モビットへの申込方法は、ローン申込機や郵送、フリーダイヤルなどもありますが、一般には、パソコンやスマートフォン、携帯電話を使った「インターネット申込み」が選ばれています。

モビットの公式サイトにアクセスし、「カード申込み」あるいは「WEB完結申込」ボタンのいずれかをクリックし、画面の案内にしたがって審査項目を入力していきます。

また、申込画面の途中で簡易審査の結果も確認できますので、「モビットのカードが作れるか?」の見込みは、申込み完了前に確認できるようになっています。さらに、申込みユーザーごとに発行される、固有のIDが発行され、これを利用して審査結果の照会ができるのも特徴です。

モビットに必要書類を提出

モビットへの必要書類の提出は、インターネット、あるいは、ファックス、郵送などの手段があります。融資を急いでいる人は、パソコンやスマートフォンから必要書類を提出するのがおすすめです。

モビットに提出する書類ですが、必ず用意することになるのは、「本人確認書類」です。本人確認書類は、モビットに申込みをした「本人」に間違いないことを証明するもので、基本的には、「運転免許証」を使用します。

運転免許証の交付を受けていない方については、健康保険証やパスポート(いずれも有効期限内、もしくは現在有効なもの)を提出することになります。

次に、今回のモビットからの融資が(1)50万円を超える金額のとき、(2)他の消費者金融・クレジットカード会社からの借入れの合計が100万円超になるときのいずれかに該当する場合は、「年収を証明する書類」の提出も必要になります。

希望額が多い方、あるいは、借入残高が多くなる方は、源泉徴収票や確定申告書の控え、税額通知書の写し、所得証明書の写しなどを用意しなければなりません。年収を証明する書類の用意が難しいときは、提出条件のゆるい銀行カードローンの利用も検討するようにしてください。

審査結果の回答

モビットの審査は「最短30分」で終了しますが、混雑しているときは、1時間近くかかることもあります。審査結果の連絡は、電子メール、あるいは、電話で受けます(WEB完結申込の場合は、審査完了メールがあります)。

モビットカードの発行

WEB完結申込を選んだ場合は、カードの受け取りや書類の返送はありません、通常の「カード申込み」を選んだ人は、カード発行の手続きが必要になります。

モビットカードは、「郵送」または「ローン申込機」で受け取ることになります。

自宅にカードが郵送されるのが困る、あるいは、早くカードを使いたい人は、ローン申込機を選ぶのがおすすめです。ローン申込機は、それぞれ営業時間が決められていますが、真夜中でなければ、即日カード発行も不可能ではありません。

当日中にカード受け取りに成功できれば、あとは、そのカードを使って現金を受け取るだけになります。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトへ

モビットの金利

モビットの金利水準

モビットのカードローン金利は、最低3.000%〜最高18.000%の範囲に決まります。初めてのキャッシングで希望額が少ないときは、年率18.000%に決まることが多いですが、限度額が多く認められるほど低金利になる傾向にあります。

モビットのカードローンは、最高800万円の限度額が認められますので、高額な限度額の低金利ローンを目標に申し込むのもおすすめです。

モビットの金利が引き下げられた!?

モビットをはじめとする消費者金融の金利は、2010年の出資法の改正に合わせて、大幅に引き下げられています。これまで、年率25%〜29%近くの金利を設定する消費者金融がほとんどでしたが、改正出資法が施行されてからは、18%以下の金利水準となっています。

借入額18.000%29.000%
\10,000\148\238
\30,000\444\715
\50,000\740\1,192
\100,000\1,479\2,384

上の表は、金利が18.000%と29.000%の場合に借り入れしたときの「30日で発生する利息額」を表したものです。出資法の改正により、大幅に金利負担が引き下げられたことが分かると思います。

モビットから5万円借りたときのシミュレーション

モビットから5万円を借り入れたときに発生する、利息の計算をしてみます。利息の算出方法は、「利息=借入額×金利×利用日数÷365」で計算します。1日あたり、1週間、30日で発生する利息は、下の表のようになります。

借入期間利息の発生額
30日間\740
7日間\173
1日間\24.66

次に、モビットから5万円を借り入れ、毎月5千円ずつ返済した場合のシミュレーションをしてみます。

回数返済額元金利息残高
1\5,000\4,250\750\45,750
2\5,000\4,314\686\41,436
3\5,000\4,379\621\37,057
4\5,000\4,445\555\32,612
5\5,000\4,511\489\28,101
6\5,000\4,579\421\23,522
7\5,000\4,648\352\18,874
8\5,000\4,717\283\14,157
9\5,000\4,788\212\9,369
10\5,000\4,860\140\4,509
11\4,576\4,509\67\0

5,000円ずつの返済では、返済期間が11カ月になり、利息の合計額が4,576円になることが分かります。モビットでは、残高が100,000円以下の返済額は「4,000円」となっていますが、4000円の返済では、返済期間が14カ月、利息が5,778円も発生してしまいます。

1000円でも2,000円でも良いので、モビットの返済額を上回る返済計画を立てることが、負担を少なくするコツになります。

モビットから50万円借りたときのシミュレーション

次に、モビットから年率18.000%で50万円の借入れをし、毎月15,000円ずつ返済したときをシミュレーションしてみると、次のようになります。

回数返済額元金利息残高
1\15,000\7,500\7,500\492,500
2\15,000\7,613\7,387\484,887
3\15,000\7,727\7,273\477,160
4\15,000\7,843\7,157\469,317
5\15,000\7,961\7,039\461,356
6\15,000\8,080\6,920\453,276
7\15,000\8,201\6,799\445,075
8\15,000\8,324\6,676\436,751
9\15,000\8,449\6,551\428,302
10\15,000\8,576\6,424\419,726
11\15,000\8,705\6,295\411,021
12\15,000\8,835\6,165\402,186
13\15,000\8,968\6,032\393,218
14\15,000\9,102\5,898\384,116
15\15,000\9,239\5,761\374,877
16\15,000\9,377\5,623\365,500
17\15,000\9,518\5,482\355,982
18\15,000\9,661\5,339\346,321
19\15,000\9,806\5,194\336,515
20\15,000\9,953\5,047\326,562
21\15,000\10,102\4,898\316,460
22\15,000\10,254\4,746\306,206
23\15,000\10,407\4,593\295,799
24\15,000\10,564\4,436\285,235
25\15,000\10,722\4,278\274,513
26\15,000\10,883\4,117\263,630
27\15,000\11,046\3,954\252,584
28\15,000\11,212\3,788\241,372
29\15,000\11,380\3,620\229,992
30\15,000\11,551\3,449\218,441
31\15,000\11,724\3,276\206,717
32\15,000\11,900\3,100\194,817
33\15,000\12,078\2,922\182,739
34\15,000\12,259\2,741\170,480
35\15,000\12,443\2,557\158,037
36\15,000\12,630\2,370\145,407
37\15,000\12,819\2,181\132,588
38\15,000\13,012\1,988\119,576
39\15,000\13,207\1,793\106,369
40\15,000\13,405\1,595\92,964
41\15,000\13,606\1,394\79,358
42\15,000\13,810\1,190\65,548
43\15,000\14,017\983\51,531
44\15,000\14,228\772\37,303
45\15,000\14,441\559\22,862
46\15,000\14,658\342\8,204
47\8,327\8,204\123\0

返済期間が3年11カ月、返済総額が698,327円になりますので、金利の負担(利息の合計)は198,327円ということになります。50万円の借入に対して15,000円の返済額では負担が多いと感じるときは、返済額を2万円〜3万円にするのがおすすめです。

毎月2万円の返済額なら、返済総額は631,374円(返済期間2年8カ月)、毎月3万円の返済額なら返済総額が579,706円(返済期間1年8カ月)となり、利息の負担を大幅に減らせることが分かります。

モビットの約定返済額以上の返済を目指す!

上の返済計画表を見て分かるように、カードローンの利息の負担を少なくするには、毎月の返済額を少しでも多くすることです。カードローンの金利は、モビットよりも低金利のものもありますが、金融機関によって設定されている返済額は、非常に少額となっています。

毎月の返済額が少なければ、家計への負担も少ないと思うかもしれません。

しかし、その分だけ返済期間が長くなり、トータルでの支払額もふくらんでしまいます。モビットの公式サイトには、上のような計算ができる「返済シミュレーション」が用意されています。毎月の返済額と利息の合計の関係について理解できますので、十分に活用した上で、自分の返済プランを決めるようにしましょう。

公式サイトへ

モビットの限度額

貸金業法における総量規制とは?

モビットの限度額は、最高で800万円までとなっていますが、法律で決められている限度額もあります。

貸金業法では、貸金業者による「返済能力を超えた融資」を制限するため、融資の上限額を「年収の3分の1まで」と決めています。たとえば、年収150万円のモビット会員への融資なら、最高でも50万円(150万円の3分の1の金額)までとなります。

貸金業法は、モビットなどの貸金業者が必ず守らないといけない法律になりますので、年収の3分の1超の限度額が認められることはありません。年収の3分の1超のお金が必要になっているときは、モビットではなく、総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

年収の3分の1の計算範囲について

ここで、総量規制の「年収の3分の1まで」というのを「消費者金融ごと」と考える人がいますが、そうではありません。すべての消費者金融、クレジットカードのキャッシングの残高の合計が年収の3分の1を超えてはいけない、という意味です。

クレジットカードのショッピング残高や銀行カードローン、分割払いの携帯電話の端末代などは、この計算に含めませんので、間違いのないように理解してください。

総量規制の例外とは?

総量規制は、法律によって融資の上限額を制限する、厳しい法律です。しかし、総量規制は、すべての取引について規制するものではなく、6つの例外を規定しています。

総量規制の例外となる取引は下記の6つです。

  • 顧客に一方的有利となる借り換え
  • 緊急を要する医療費の貸付け
  • 社会通念上、緊急と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者とあわせた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸し付けを受けるまでのつなぎ融資

少し分かりにくいですが、4つめの「配偶者とあわせた年収3分の1までの融資(配偶者貸付)」は聞いたことがあると思います。

配偶者貸付は、たとえば、妻が年収90万円、夫が年収210万円あるとすると、夫婦合算の年収は300万円になります。この収入の状況で妻がモビットに申し込んだ場合、妻は、年収の3分の1超の「100万円まで」借りることができるというものです。

しかし、モビットをはじめとする、大手の消費者金融では、配偶者貸付の例外による融資はしていません。旦那の同意も必要になりますし、提出書類も多いため、実際に利用するのが困難な制度だからではないでしょうか。

総量規制の除外とは?

総量規制の除外というのは、貸金業者からの融資であっても、以下の9種類の貸付については、規制の影響を受けないというものです。

  • 不動産購入または不動産改良のための貸付け
  • 自動車購入時の自動車担保貸付け
  • 高額療養費の貸付け
  • 有価証券担保貸付け
  • 不動産担保貸付け
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
  • 手形の割引(融通手形を除く)
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

自動車ローンや住宅ローンなどは、貸金業者からの融資でも、年収の3分の1超のお金でも借りれるという仕組みになっています。

公式サイトへ

モビットの借入方法

振込キャッシングによるモビットの借入れ

振込キャッシングによるモビットの借入れは、次のような流れになります。

  1. 会員専用サービスにログイン
  2. 画面の案内にしたがって振込み依頼
  3. 振り込まれた現金を受け取る

振込キャッシングによる借入れは、簡単にいうと、自分が指定する銀行口座にお金を振り込んでもらう借り方です。モビットの公式サイトから「ユーザーID」および「パスワード」を入力し、会員専用サイト(Myモビ)に入ります。

その後、画面の案内にしたがって、必要な金額を入力すると「最短3分」で自分の口座への振込手続きが完了します(平日9:00〜14:50までに手続き完了の場合)。

振り込まれた現金は、銀行から引き出して使うこともできますし、口座振替に備えて、そのまま入金しておくことも可能です。パソコンやスマートフォンなどがあれば、好きなタイミングで振込キャッシングが利用できるので、銀行口座の残高不足を心配することもなくなります。

提携ATMによるキャッシング

また、銀行振込ではなく、現金が手元にほしいときは、提携ATMを利用したモビットのキャッシングが便利です。セブンイレブンやファミリーマート、ローソンといった大手コンビニエンスストアと提携していますので、「近くのコンビニに行けば借りられる」というのがモビットの魅力です。

ただし、貸金業法では、お金の借入れ・返済をしたときは、法律に基づく明細書を発行しなければならないことになっています。貸金業法に基づく明細書が発行できないATMを利用すると、後日、自宅に利用明細書・領収書が郵送されます。

貸金業法に基づく明細書が発行できる(郵送物なし)のは、次に設置されているATMです。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • プロミス
  • セゾンカード
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 親和銀行
  • 熊本銀行

ファミリーマートやミニストップ、スリーエフなどのATMでは、後日、明細書が郵送される場合とされない場合とがあります。モビットカードをATMに挿入してみて、「三井住友銀行」「三菱東京UFJ銀行」「福岡銀行」「親和銀行」「熊本銀行」のマークが表示されると、郵送物なしになるキャッシングが可能です。

自宅への郵送物が気にならないという人は、「ゆうちょ銀行のATM」も利用可能です。

公式サイトへ

モビットの返済

借入後残高スライド元利定額返済方式とは?

モビットの返済方式は、「借入後残高スライド元利定額返済方式」ですが、少し分かりにくいと思います。

まず、「残高スライド」というのは、借入残高が「10万円以内なら返済額は4,000円」「10万円超〜20万円以下なら8,000円」というように、借入残高と返済額が段階的に決められている返済方式のことです。

また、「元利定額」というのは、毎月の返済額が「返済額=元本+利息」となっている、ということです。

これに対して、毎月の返済額に利息を加えた金額を返済するのが「元金定額」というものです。同じ4000円の返済でも「利息を含んだ金額か、それとも別か?」という点が異なっています。

モビットの「借入後残高スライド元利定額返済方式」は、月々の返済額が少なくて済み、毎月の返済額が分かりやすいというメリットがあります。しかし、モビットの残高が少なくなってくるのに伴い、毎月の返済額も少なくなる返済方式です。

モビットが提示する返済額だけの返済では、返済期間が長くなってしまうデメリットがあります。繰り上げ返済や一括返済なども検討し、できるだけ早く完済できるように計画すると、金利負担を最小限に抑えられるでしょう。

モビットの返済日

モビットの返済日は、毎月5日、毎月15日、毎月25日、毎月月末のうち、あなたが選んだ返済期日に決まります。

通常は、アルバイトやパートの給料日を過ぎてすぐの日を選んでいます。給料日前の返済日では、家計のやり繰りが難しくなることも考えられます。1カ月のお金の流れをよく考え、自分に合った返済日を選ぶようにしましょう。

モビットの返済方法

モビットのローンの返済方法には、「ATM/CD(提携金融機関)」「口座振込」「口座自動引落」「コンビニエンスストアに設置のATM/CD」などがあります。

提携ATMやCD、あるいは、口座自動引き落としを選ぶ会員が多いですが、銀行振込による返済も可能です。近くのコンビニなどで返済をするのか、あるいは、毎月、自分の銀行口座から引き落とししてもらうのかを考え、自分の生活に合った返済方法を選ぶのがポイントです。

モビットの返済額

モビットの返済額は、残高スライド元利定額方式により、あらかじめ決められています。

借入残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過〜 20万円以下 8,000円
20万円超過〜 30万円以下 11,000円
30万円超過〜 40万円以下 11,000円
40万円超過〜 50万円以下 13,000円
50万円超過〜 60万円以下 16,000円
60万円超過〜 70万円以下 18,000円
70万円超過〜 80万円以下 21,000円
80万円超過〜 90万円以下 24,000円
90万円超過〜100万円以下 26,000円
※掲載情報は2016年 5月 9日の情報です。 ※100万円超過の場合、最終借入後残高が20万円増えるごとに、返済額が4,000円ずつ増加。

モビットの繰上返済

モビットの繰り上げ返済は、いつでも自分の好きなタイミングでできます。ボーナスが支給されたとき、臨時収入があったときなどは、なるべく多く、返済に回すのがおすすめです。

モビットは、繰上返済や一括返済が好きなタイミングで無料でできるので、初めてのキャッシングでも人気があります。

遅延損害金

カードローンの遅延損害金は、遅延利息といわれることもありますが、簡単にいうと「返済が遅れたときのペナルティ」のことです。モビットのカードローン金利は、年率3.000%〜18.000%までですが、遅延損害金は「実質年率 20.00%」で計算されます。

たとえば、モビットの残高が10万円ある人が1週間、返済日に遅れたと仮定します。通常の金利が年18.000%だった場合は、1週間で10万円×0.18000×7÷365=345円の利息が発生します。

しかし、これが1週間の返済遅れの場合だと、10万円×0.20000×7÷365=384円と発生する利息(損害金)が大きくなります。

わずかな金額と思われるかもしれませんが、カードローンの延滞は、大きなペナルティになることもあります。信用情報機関に延滞した事実が登録されると、その後のローン申し込みなどに大きく影響します。

遅延損害金がもったいないからではなく、自分の信用を失うことになる可能性があるので、無理のない返済計画を考え、返済の遅延は絶対にしないようにしましょう。

公式サイトへ

モビットはこんな人におすすめ!

モビットは主婦に選ばれています!

消費者金融のモビットは、初めてのキャッシングに選ばれることが多いですが、とくに主婦には人気があります。大手の消費者金融という安心感が大きく、銀行カードローンのような「難易度の高さ」を感じさせないからです。

ただし、主婦は主婦でも、お勤めをしていない専業主婦は、モビットに申し込めません。貸金業法による総量規制が影響していますので、モビットが専業主婦に融資することが禁止されているからです。

専業主婦は、モビット以外の銀行カードローンの中に申し込めるサービスがあります。限度額は30万円〜50万円程度に制限されますが、利用できる金融機関はありますので、その中から選ぶようにしてください。

モビットはアルバイトにも大人気!

アルバイト勤務の方は、モビットのカードローンがおすすめです。給料日前の短期間の借入れ、あるいは、将来の夢を達成するための「資格取得のための資金」などに利用されています。

すでに多くのアルバイトの会員も多く登録されていますので、申込前の不安も少ないと思います。

ただし、モビットからの融資は、4ヶ月分のアルバイト代までです。年収の3分の1を超える融資はできませんので、その点にだけは、気をつけるようにしましょう。

モビットは学生の申し込みも可能です!

消費者金融のモビットは、大学生や専門学校生にも人気があります。20歳未満の未成年の学生は利用できませんが、成人している学生なら、社会人と同じように審査が受けられます。

申込みにあたって「親の同意書」なども必要ありません。申込時の書類に気をつければ、親に内緒での借入れも可能です。インターネットからの申込み、自動契約機でのカード受け取りを選び、親に心配をかけない方法でカードを作るようにしましょう。

モビットは個人事業主にも活用されています!

モビットは、高額融資を得意とするカードローンではありませんが、個人事業主の申し込みも多くあります。

個人事業主は、事業の継続のために、家計のお金を仕事に回すことも多いと思います。その結果、家計のやり繰りが難しくなることが多く、モビットなどの消費者金融を活用しているというわけです。

50万円超の希望額のときに「確定申告書の控え」が必要になりますが、将来のもしもに備えて、モビットで高額融資を目指してみるのもいいですね。

会社員はモビットのWEB完結申込を選択!

正社員として働いている会社員の方は、モビットにWEB完結で申し込んでみてはいかがでしょうか。

モビットのWEB完結は、すべての手続きがインターネットで完結するというものです。申込みから利用開始まで、電話連絡・郵送物・カード発行が一切ないのも特徴です。家族や職場に絶対にバレずに申し込めるので、会社員には、とても人気がある申込み方法となっています。

ただし、モビットのWEB完結申込が可能なのは次の2つの条件となっています。

  1. 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座があること(自分名義の)
  2. 全国健康保険協会が発行する社会保険証、あるいは、組合保険証があること

他にも、WEB完結申込みでは、収入証明書類の提出が必要になるなど、通常申込みとは異なる点があります。WEB完結での申込みには、非常に多くのメリットがありますが、その分だけ、申込みできる条件や提出書類が多くなります。

会社員をはじめ、公務員にもWEB完結の申込みに人気がありますが、準備をすることも多いので、融資を急いでいるときは、できるだけ早めに公式サイトでWEB完結の手続きについて確認してください。

公式サイトへ

モビットの詳細スペック

契約形態極度借入基本契約
借入利率実質年率 : 3.00%〜18.00%(年365日の日割計算)
借入利息
計算方法
借入残高×借入利率÷365日×返済期日以前利用日数
ただし、うるう年は、年366日の日割計算となります。
賠償額の元本に対する割合実質年率 20.00%
担保について不要
保証人について不要
ご利用対象満年齢20才〜69才の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)
アルバイト、パート、自営業の方も利用可能。
元本および
利息の支払
指定した毎月一定日までに、特定の元本と利息を返済します。
貸付方法ATM、振込貸付
返済方式借入後残高スライド元利定額返済方式
返済方法ATM返済、振込返済、口座振替
返済回数および
返済期間
最長106回(8年10ヶ月)
限度額利用限度額1万円〜800万円
※限度額は、審査により最高800万円まで
支払期日設定日毎月一定日
約定支払日当社指定日より選択(毎月5日、15日、25日、末日)
三井住友銀行グループ モビット
モビット
バレないように借入可能
実質年率
3.0%〜18.0%
利用限度額
800万円
融資スピード
最短即日
利用可能なコンビニ
セブンイレブン ファミリーマート ローソン サンクス

  • 申込みから借入れまでWEB完結!
  • WEB完結でカードレス・電話連絡&郵送物なし!
  • 平日14時50分までに振込手続完了で借入可能!
公式サイトへ

※申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともあります。

カードローンを条件で探す
カードローン会社一覧
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • モビット
  • プロミス
  • アコム

×