豆知識

カードローンの借入審査とは


カードローンの借入審査とは?

カードローンの借入審査は、カードの限度額を決めるための手続きです。消費者金融や銀行カードローンがありますが、基本的には、どの借入審査も同じような手続きです。あなたの返済能力と信用を調査し、自由に借入・返済ができる契約極度額・カードの限度額が決まります。

目次

カードローン借入審査の申込条件について

借入審査の申込条件とは?

カードの借入審査の申込条件は、主に年齢と年収に関する条件があります。申込条件の年齢は、20歳以上であることが原則で、65歳から70歳が上限となっていることがほとんどです。

また、20歳未満の学生が借入審査を受けられるか、については、大手の消費者金融や銀行カードローンの申込みは、できないことがほとんどです。未成年者の利用を認めているケースでも、保護者の同意が必要になります。

年収に関する条件については、「安定した収入があること」という表現が多くなります。アルバイトやパート勤務でも構いませんので、毎月の定期的な収入があることを条件にしているカードローンが多くなります。

なお、銀行カードローンの場合は、「年収○○万円以上」と年収の条件がある場合があります。借入審査の申込み前に利用条件に目を通して、自分が申し込めることを確認した上で申込むようにしてください。

消費者金融と銀行カードローンの申込条件の違い

消費者金融と銀行カードローンの借入審査の違いは、限度額の決まり方にあります。消費者金融では、貸金業法の規制を受けていますので、いわゆる総量規制の対象となります。総量規制は、業者が融資する場合は、借入残高が年収の3分の1を超えてはいけない、というものです。

これに対して、銀行カードローンは、総量規制の対象外となっていますので、借入審査の結果により、年収の3分の1超の融資が認めらることがあります。

総量規制対象外だからといって無条件に融資が認められるわけではありませんが、希望額が多いときは、銀行カードローンを選ぶのがおすすめです。

専業主婦が借入審査を受けるなら?

お勤めをしていない専業主婦は、消費者金融の借入審査には、申し込めません。銀行カードローンは、年収の3分の1超の融資も可能ですが、必ずしも専業主婦の申込みを認めているわけではありません。

申し込める銀行、申し込めない銀行とありますので、必ず利用対象に専業主婦が含まれていることを確認した上で、申込むことが重要です。

カードローン借入審査に必要な書類について

本人確認書類とは?

カードローンの借入審査では、本人確認書類というものが必要になります。本人確認書類は、申込みをした本人であることを証明するためのもので、原則として運転免許証のことをいいます。運転免許証の交付を受けていない方については、顔写真付きのパスポートや住民基本台帳カードなどを用意することになります。

収入証明書類とは?

収入証明書類は、自分の年収を証明するための書類ですが、必ず用意するものではありません。消費者金融の借入審査では、(1)希望額50万円を超えるとき、(2)他の消費者金融との残高合計が100万円を超えるとき、の2つの場合に提出が求められます。

これに対して、銀行カードローンの借入審査では、銀行ごとの基準によって収入証明書の提出を求めています。最高で「300万円まで収入証明書不要」という銀行カードローンもあります。希望している金額に応じて収入証明書不要となるカードローンを選べば、運転免許証などの用意だけで、借入審査に申し込めます。

自営業者の注意点について

自営業者がカードローンの借入審査に申込む場合は、希望額に関係なく、収入証明書の提出を求められることがあります。自営業者が用意する収入証明書類は、原則として、「確定申告書の控え」になります。

もし、収入証明書類の用意ができないときは、できるだけ希望額を少なくして申込む、あるいは、女性なら専業主婦として申込むしかありません。

借入審査の申込みからお金を受取るまでの流れ

カードローン借入審査の申込み

借入審査の申込方法では、インターネットを使った方法に人気があります。インターネット以外の手段による申込みもありますが、電話や郵送などの方法では、融資を受けるまでに時間がかかります。

カードローン会社の公式サイトからの申込みなら、申込完了と同時に審査が始められます。パソコンがなくても、携帯電話やスマートフォンから申し込めますので、カードローン会社のホームページから申込むようにしましょう。

カードローンの契約とカード受取方法について

カードローンの契約手続きとカードの受取方法は、

  1. 自動契約機を使用した手続き
  2. 郵送による契約とカード受取り

の2種類があることがほとんどです。

自動契約機というのは、電話ボックス程度の大きさの窓口で、契約やカード発行ができる機械が備えられているものです。アコムなら「むじんくん」、アイフルは「無人契約でんわボックス・てまいらず」という名前の自動契約機があります。

郵送による契約とカード受取りを選ぶと、融資を受けるまでに1週間近く期間を要することがあります。借入審査の終了後、自動契約機でカードを受け取れば、当日中の現金受取りの可能性も高くなります。

カードローンで借りる2つの方法とは?

申込手続が完了すれば、あとは、カードローン会社からお金を受取るだけです。お金の受取り方法は、一般に「銀行振込」、あるいは、「ローンカードの使用」の2つから選びます。

銀行振込でのお金の受取りは、カードローン会社が自分の預金口座にお金を振込む方法での融資です。家賃の支払いや携帯電話料金など、銀行の口座引落に対応するなら、振込によるキャッシングが便利です。

これに対して、ローンカードを使ったお金の受け取り方は、コンビニATMを利用するのが一般的です。セブンイレブンやファミリーマート、ローソンなどに設置されているATMに発行されたカードを挿入すれば、その場でお金が受け取れます。誰かに見られても借金をしているとは分かりませんので、プライバシー上の問題が生じることもないでしょう。

カードローンを条件で探す
カードローン会社一覧
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • モビット
  • プロミス
  • アコム

×