カードローン会社紹介

じぶん銀行カードローンの借入方法と返済方法


じぶん銀行カードローンの借入方法と返済方法

じぶん銀行カードローンは、借入方法・返済方法とも、とても便利。借入れでは、ATMを使ったカードキャッシング、および、振込キャッシングがあります。返済でも、ATMによる返済、自動支払いによる返済方法があるので、誰でも快適にローンが組めるようになっています。

目次

じぶん銀行カードローンは、借入方法、返済方法ともに、不便なく取り引きできるようになっています。

借入方法ATM振込サービス
返済方法ATM自動支払い

じぶん銀行からの借入では、提携ATMを利用した方法、および、振込サービスによる融資の方法があります。返済方法についても提携ATMが利用でき、自動支払い(口座振替)による返済にも対応可能です。

じぶん銀行カードローンの借入方法

提携ATMによるカードキャッシング

じぶん銀行カードローンの提携ATMによる借入れは、全国各地のコンビニATM、および、三菱東京UFJ銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMが使えます。

提携ATMにローンカードを挿入し、画面の案内にしたがって引出金額を入力すれば、その場でお金が受け取れる仕組みです。

とくに、セブン銀行ATM、イーネット、ローソンATMと提携していますので、近くのセブンイレブンやファミリーマート、ローソン、デイリーヤマザキなどに行けば、そこで、お金が受け取れるので、提携ATMを探す手間はないと言えます。

手数料提携ATM・利用時間・利用回数にかかわらず無料
最少借入額1,000円(お借入単位1,000円)
利用時間原則として、24時間365日(システムメンテナンスの時間帯を除く)
ATM借入上限額契約時に希望した金額

消費者金融のカードローンと比較すると、じぶん銀行カードローンは、提携ATMの利用手数料が無料である点に特徴があります。少ない金額の借入や返済でATM手数料が発生すると、金利よりも手数料の負担が大きくなるからです。

原則として24時間、いつでも借入れでき、1,000円単位の借入れが認められているのが、じぶん銀行カードローンの人気の理由です。

振込サービスによる借入れ

振込サービスによる借入方法は、じぶん銀行があなたの金融機関の口座へ振り込んでくれるサービスです。振込手数料が無料なのはもちろん、土日や祝日でも17時までなら受付が可能です。

ただし、振込サービスの申込みをした時間帯、曜日によっては、振込のタイミングがよく営業日になる場合があります。融資を急いでいる場合は、提携ATMを利用するのが確実ですので、近くのコンビニや金融機関のATMを利用するのがおすすめです。

なお、振込サービスによる借入単位は、1万円となっています。1万円未満の1000円単位には多用していませんので、その点も併せて注意するようにしてください。

じぶん銀行カードローンで5万円を借り入れすると?

じぶん銀行カードローンの金利は、2.2%〜17.5%(年率)となります。年率17.5%の金利で5万円を借入れし、約定返済額である3,000円ずつの返済したときのシミュレーションは、下記のとおりとなります。

回数返済額元金利息残高
1\3,000\2,281\719\47,719
2\3,000\2,314\686\45,405
3\3,000\2,347\653\43,058
4\3,000\2,381\619\40,677
5\3,000\2,415\585\38,262
6\3,000\2,450\550\35,812
7\3,000\2,485\515\33,327
8\3,000\2,521\479\30,806
9\3,000\2,557\443\28,249
10\3,000\2,594\406\25,655
11\3,000\2,631\369\23,024
12\3,000\2,669\331\20,355
13\3,000\2,708\292\17,647
14\3,000\2,747\253\14,900
15\3,000\2,786\214\12,114
16\3,000\2,826\174\9,288
17\3,000\2,867\133\6,421
18\3,000\2,908\92\3,513
19\3,000\2,950\50\563
20\571\563\8\0

返済額の合計は、5万7571円、利息が7571円となります。毎月の返済額をあと2000円増やし、5000円にすると、返済期間が11ヶ月、返済総額が5万4369円になります。借金の返済額を多くするほど返済期間が短くなりますので、早く返済したい場合は、1,000円でも2,000円でもいいので、返済額を多くするようにしましょう。

公式サイトへ

じぶん銀行カードローンの返済方法の基本

自動支払いによる返済方法

自動支払いによるじぶん銀行カードローンの返済は、毎月の約定返済日に自分名義の普通預金口座から引き落としが行われる方法です。毎月の約定返済日は、自分で給料日などに合わせて決めることができます。

なお、預金口座から引き落とされる返済額は、、じぶん銀行カードローンの金利によって異なります。

借入残高借入利率9%以下借入利率13%以下借入利率13%超
10万円以下1,000円 1,500円 2,000円
10万円超〜20万円2,000円3,000円4,000円
20万円超〜30万円3,000円4,500円6,000円
30万円超残高が10万円増すごとに1,000円を追加 1,500円を追加 2,000円を追加

毎回の返済額は、上の表のとおりとなります。他のカードローンよりも返済額が少なめに設定されていますので、返済期間が長くなりすぎないように計画を立てるようにしましょう。

提携ATMからの入金

じぶん銀行カードローンでは、提携しているATMからの返済方法も用意されています。セブンイレブンやファミリーマート、ローソンなど、最寄りのコンビニでローンの返済ができます。

借入れと同様、利用時間や回数にかかわらず、提携ATMを無料で利用できます。毎週月曜日の1:00〜5:00、毎月第2土曜日の21:00〜翌7:00はシステムメンテナンスで利用できませんが、他の時間帯は、いつでも利用できます。

じぶん銀行カードローンの返済期日について

じぶん銀行カードローンの返済期日は、「35日ごと返済」または「期日指定返済」のいずれかお選べます(ATMで返済する場合)。

35日ごと返済というのは、前回の返済日の翌日から数えて、35日目が返済期限となる方式です。期限以内であれば、いつでも返済できるようにはなっていますが、毎月の返済日の管理が難しくなるのが欠点といわれています。

期日指定返済は、毎月1回の返済日を指定して返済できる方式です。給料日の翌日、あるいは、翌々日など、自分で好きに選ぶことができるのが大きなメリットになります。

どちらの返済期日を選ぶ場合でも、返済日が土日や祝日などの場合は、翌営業日が返済期日に決まります。

即日融資でじぶん銀行カードローンから借入れできる?

じぶん銀行カードローンの審査は、最短即日で回答が得られます。ローンのカードは、郵送で受取ることになりますが、その日のうちに銀行口座へ振り込んでくれるので、即日融資も不可能というわけではありません。

夕方以降の申込みで即日は難しいかもしれませんが、遅くとも翌営業日には、振込みしてもらえることが多くなります。消費者金融と比べると融資までに多少の時間がかかりますが、金利が年2.4%〜と非常に低金利になっていますので、借入後の負担は、少なくできることに期待できます。

公式サイトへ
カードローンを条件で探す
カードローン会社一覧
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • モビット
  • プロミス
  • アコム

×