カードローン会社紹介

じぶん銀行カードローンを徹底検証!審査・契約手続きを詳しく解説!


じぶん銀行カードローン

プロミス
最短1時間融資
実質年率
2.2%〜17.5%
利用限度額
800万円
融資スピード
最短即日
コンビニ対応
セブンイレブン ファミリーマート ローソン サンクス

公式サイトへ
目次

じぶん銀行カードローンの特徴

最短即日融資も可能!

じぶん銀行カードローンは、口座があれば最短で即日融資も可能です。口座がなくても1週間ほどで融資が受けられますので、銀行カードローンのなかでは、スピーディーに取引できるサービスです。

ATM手数料は完全無料!

じぶん銀行のカードローンでは、すべてのATM手数料が無料となっています。少ない金額を頻繁に借入れ・返済するような場合でも、ATM手数料で負担が大きくなる心配がないのがいいですね。

ネット銀行ならではの低金利!

じぶん銀行カードローンの金利は、年率2.4%〜17.5%までとなっています。限度額も最高800万円までとなっていますので、高額な低金利ローンを目指すのもおすすめです。総量規制対象外になっていますので、年収の3分の1超の融資も見込めます。

300万円まで収入証明書は必要なし!

収入証明書の提出に不安があるかもしれませんが、じぶん銀行カードローンなら、限度額300万円までは収入証明書不要です。運転免許証や健康保険証があれば申し込めるので、ローンの申込をする前の準備も簡単です。

毎月の返済額は1000円から!

じぶん銀行カードローンの返済額は、毎月1,000円〜と少額です。ローンの約定返済額が少なく設定されていれば、家計のことを考えた「自分のペースでの返済」も実現しやすくなります。

公式サイトへ

じぶん銀行カードローンの申込みについて

じぶん銀行カードローンの申込条件

じぶん銀行カードローンに申し込めるのは、

  • 契約時の年齢が満20歳以上〜70歳未満の方
  • 安定継続した収入がある方
  • 保証会社の保証を受けられる方

のすべてを満たしている方です。

「安定継続した収入」という部分に不安を感じるかもしれませんが、自営業者や学生、パート主婦、アルバイトはもちろん、年金受給者や専業主夫の申込みも可能です。

また、日本に在住の外国籍の方の申込みは、永住許可を受けていることが条件となっています。

申込から借入れまでにかかる時間の目安

じぶん銀行カードローンの申込みから融資を受けるまでの時間は、じぶん銀行の「普通預金口座」があるかどうかで大きく異なります。

じぶん銀行の普通預金口座があれば、振込キャッシングによって即日融資も不可能ではありません。しかし、普通預金口座がない方については、ローンカード受取りまでに約1週間の期間を要します。

申込みに必要な本人確認書類について

カードローンの申込みでは、申込みをした本人であることを証明するための、「本人確認書類」というものが必要になります。

基本的には、本人確認書類は、運転免許証のことを指していますが、免許証の交付を受けていない方については、健康保険証や個人番号カード、住民基本台帳カード、パスポートなどを用意します。

じぶん銀行カードローンの場合で「住民基本台帳カード」を利用する場合は、顔写真付きでQRコードつきのものを用意する必要があります。また、外国籍の方については、在留カードや特別永住者証明書、外国人登録証明書のいずれかのコピーを用意することになります。

収入証明書が必要になるのは?

じぶん銀行カードローンで収入証明書が必要になるのは、原則として、限度額300万円を超える場合です。個人事業主など、限度額が300万円以下でも必要になる場合もありますが、収入証明書なしで申し込めるケースがほとんどです。

もし、じぶん銀行から収入証明書が必要であるとの連絡があった場合は、

  • 源泉徴収票(前年度分)
  • 住民税決定通知を(前年度分)

のいずれか一点のコピーを用意します。

個人事業主の方については、上のいずれかの種類に加え、確定申告書控えのコピー(税務署受付印のあるもの。)も必要になります。

なお、源泉徴収票や住民税決定通知書の用意が難しい方は、最新3ヶ月分の給与明細書を収入証明書類として提出します。勤続年数が1年未満の方については、最新の1ヶ月分の給与明細書の提出が必要になります。

ローンカードの受取り方法について

じぶん銀行カードローンのカードは、確実に届ける必要があることから、自宅、あるいは、勤務先への郵送で受け取ります。ただし、じぶん銀行の普通預金口座がない方については、自宅への郵送のみの対応となります。

公式サイトへ

じぶん銀行カードローンと提携しているATM

じぶん銀行と提携しているATM

じぶん銀行と提携しているATMは下記の通りになります。

  • 三菱東京UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イーネットATM
  • ローソンATM
  • ゆうちょ銀行ATM

イーネットATMというのは、ファミリーマートやポプラ、デイリーヤマザキなどに設置されているATMです。セブンイレブンやローソン、ファミリーマートに設置されているATMが利用できますので、じぶん銀行からの借入れ・返済で手間はかかる心配はありません。

ATMの利用手数料について

じぶん銀行カードローンでは、提携ATMの種類、利用する時間帯、1ヶ月間の利用回数にかかわらず、なんどでも「ATM手数料0円」となっています。最少の借入金額も1,000円となっていますので、ATM手数料で負担が大きくなる心配がないのがいいですね。

消費者金融の場合は、10,000円以下の取引で108円、10,000円超の取引で216円のATM手数料が発生します。じぶん銀行カードローンは、消費者金融よりも金利水準が低く、ATM手数料も無料となっているので、非常に負担が少ないカードローンであるといえますね。

セブン銀行ATMが利用できる時間帯

セブン銀行ATMは、主にセブンイレブンに設置されているATMです。24時間営業のセブンイレブンが多いので、ATMも24時間使えるように感じます。

しかし、セブン銀行ATMは、毎月第三日曜日の翌日0:30〜5:30の間は、システムメンテナンス作業があるため、利用できなくなっています。じぶん銀行カードローンの借入れや返済で問題となることはありませんが、念のため注意しておくようにしましょう。

ローソンATMが利用できる時間帯

ローソンATMのシステムメンテナンスは、毎日、午前3時〜午前4時の時間帯の約15分間です。真夜中(早朝)にじぶん銀行カードローンの借入れや返済をすることは少ないと思いますが、午前3時〜午前4時の時間帯は、利用できないことがあると覚えておくといいですね。

また、メンテナンスにかかる時間が15分程度ですので、万一、利用できなかった場合でも、少し時間おいてから使ってみるということもできます。

イーネットATMが利用できる時間帯

イーネットのATMは、ファミリーマートやポプラなどのコンビニに設置されています。イーネットATMのシステムメンテナンスは、3:00〜5:00の間の15分程度となっています。ローソンATMと同様に、この時間帯をずらして利用するか、あるいは、利用できなかった場合に少し時間をおいてから、再び使ってみるのがおすすめです。

公式サイトへ

じぶん銀行カードローンの借入方法

提携ATMによる借入方法

じぶん銀行カードローンは、三菱東京UFJ銀行ATM、セブン銀行ATM、イーネット、ローソンATM、ゆうちょ銀行ATMを利用して借入れできます。

基本的には、じぶん銀行のローンカードを提携ATMに挿入し、画面の案内にしたがって暗証番号や金額などを入力するだけですみます。全国各地のセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、および、三菱東京UFJ銀行やゆうちょ銀行のATMが使えるので、借入場所を探す手間は感じないと思います。

ただし、ローソンATMについては、赤い正方形のマーク「ローソンATM」があることを確認する必要があります。すべてのローソンにローソンATMがあるわけではない点に気をつけるようにしてください。

振込サービスによる借入方法

じぶん銀行カードローンの「振込サービス」で借入れする方法は、じぶん銀行から自分名義の金融機関の口座に振り込んでもらう借り方です。

じぶん銀行の会員専用サイト(自分ローン取引サイト)にログインし、画面の案内にしたがって必要な金額等を伝えます。

注意しなければならない点は、振込サービスでの借入れは、

  • 借入単位が1万円単位となっている
  • 申込む時間帯によって翌営業日の取扱になることがある

ことの2点です。

提携ATMを利用した借入れでは、1,000円単位での借入れができ、コンビニATMを利用すれば、ほぼ24時間いつでも借入れできますので、状況に応じて、提携ATMの利用も検討しなければなりません。

なお、毎週月曜日の1:00〜5:00、および、毎月第二土曜日の21:00〜翌7:00の時間帯は、じぶん銀行のシステムメンテナンスのため、利用できなくなっています。

セブン銀行ATMでの借入れ手続き

セブン銀行ATMで借入れする場合は、まず、ATMにローンカードを挿入し、最初に表示される画面の「カードローン」のボタンを押します。「カードローン」ボタンを押すと画面が切り替わりますので、そこで暗証番号を入力し、引出金額(借入金額)と続けて入力します。

利用限度額などに問題がなければ、その場でお金が受け取れます。

ローソンATM、イーネットATMでの借入れ手続き

ローソンATMとイーネットATMでは、同じ画面操作で借入れできます。

まず、じぶん銀行カードローンのカードを挿入し、「カードローン」→「お借入れ」とボタンを押して、画面を切り替えます。切り替えられた画面で暗証番号を入力し、金額(借入金額)を入力すれば、その場でお金が受け取れるようになります。

銀行のキャッシュカードで現金引き出しをする操作と変わりませんので、初めての利用でも、戸惑うようなことはないと思います。

公式サイトへ

じぶん銀行カードローンの返済方法

提携ATMによる返済方法

提携ATMによる返済は、ATMを使った借入れと同じ要領で行います。基本的には、提携ATMにじぶん銀行のカードを挿入したら「カードローン」ボタンを押して暗証番号の入力、返済金額の確認をするだけです。

機種により、操作が若干異なることもありますが、誰でも簡単に利用できます。

自動支払いによる返済方法

じぶん銀行カードローンの「自動支払い」による返済は、毎月の返済日に自分の普通預金口座から引き落としされる返済方法です。

基本的には、自動支払いにする場合は、事前に申込み手続きが必要ですが、契約時に「自動支払い返済」を選ぶことで、手続き不要で利用できるようになります。

また、万一、返済日に口座預金の残高が足りなかった場合は、当日の18:00までにじぶん銀行の普通預金口座に返済額を振り込んでください。18時までなら再度、引落処理をしてくれますので、延滞の扱いにはなりません。

返済日当日の18:00以降になってしまったときは、速やかに提携ATMから、延滞した日数分の遅延損害金と返済額の合計額以上の入金をしなければなりません。事前に引落不能になることがわかっているときは、前もってじぶん銀行のローンセンターに連絡するようにしてください。

じぶん銀行カードローンの返済サイクル

じぶん銀行カードローンの返済サイクルには、「35日ごとの返済」と「期日指定の返済」の2種類があります。

じぶん銀行と提携しているATMで返済予定の場合はいいですが、「自動支払い」による返済を選ぶときは、期日指定の返済でなければなりません。「35日ごとの返済」は、提携ATMでの返済だけとなっている点に注意するようにしましょう。

期日指定返済とは?

期日指定の返済というのは、「毎月××日」というように、月に1度だけ返済日が来る返済のしかたです。クレジットカードの支払いや公共料金の支払いなども「毎月××日」と決まっているように、じぶん銀行カードローンの返済日も毎月一度ある、という方法です。

35日ごと返済とは?

これに対して、「35日ごと返済」というのは、返済期日が35日ごとに到来する返済です。前回返済した日の翌日から数えて、35日目が返済日になりますので、

  • 返済期日の管理が難しくなる
  • 回あたりの返済金額が多くなる

という問題が生じます。

たとえば、8月1日に借入れすると、次の返済日は9月5日になります。9月5日までの間なら、いつでも返済できるのが「35日ごと返済」の特徴ですが、仮に8月15日に返済をしてしまうと、次の返済期日が9月19日になるというものです。

いつでも返済はできるけど、返済した翌日から35日後に必ず返済日となるのが「35日ごと返済」です。非常に複雑な仕組みとなっていますので、あえて「35日ごと返済」を選ぶ理由はないでしょう。

じぶん銀行カードローンの返済額

じぶん銀行カードローンの借入残高が100万円までの約定返済額は、下の表のようになります。

借入残高借入利率9%以下の返済額借入利率13%以下の返済額借入利率13%超の返済額
10万円以下\1,000\1,500\2,000
10万円超〜20万円以下\2,000\3,000\4,000
20万円超〜30万円以下\3,000\4,500\6,000
30万円超〜40万円以下\4,000\6,000\8,000
40万円超〜50万円以下\5,000\7,500\10,000
50万円超〜60万円以下\6,000\9,000\12,000
60万円超〜70万円以下\7,000\10,500\14,000
70万円超〜80万円以下\8,000\12,000\16,000
80万円超〜90万円以下\9,000\13,500\18,000
90万円超〜100万円以下\10,000\15,000\20,000

100万円超の借入残高の場合は、借入利率に応じて、10万円ごとに1,000円〜2,000円を追加して金額が約定返済額になります。

借入利率10万円ごとに追加する返済額
9%以下1,000円
13%以下1,500円
13%超2,000円

ここにあげた約定返済額は、じぶん銀行との契約によって必要となる、最小限の返済額です。約定返済額だけの入金では、ローンの返済期間が長くなりすぎる場合がありますので、十分に注意するようにしてください。

公式サイトへ

専業主婦とじぶん銀行カードローン

カードローンの総量規制とは?

専業主婦のカードローンが制限されているのは、2010年6月18日に施行された、改正貸金業法が原因です。改正貸金業法では、新たなローンの仕組みとして、総量規制が盛り込まれました。

総量規制は、貸金業者による過剰な貸付を防止することを目的に、融資の上限額を「年収の3分の1まで」に規制するものです。たとえば、年収150万円の人への融資は、「原則として、50万円を超えてはいけない」というのが総量規制です。

専業主婦には、自分名義の収入がありませんので、総量規制が影響する消費者金融やクレジットカードのキャッシングには申し込めなくなったのです。

しかし、じぶん銀行のような「銀行」のサービスは、総量規制対象外となりますので、その中から専業主婦は、カードローンを選べばよいことになります。

専業主婦は銀行なら申し込める?

専業主婦が注意しなければならないのは、すべての銀行が専業主婦の申込みを認めているわけではない、という点です。銀行によっては、総量規制対象外であっても「専業主婦の申込みは不可」としている場合があります。

専業主婦は、総量規制対象外の銀行カードローンのなかから、専業主婦が申し込めるサービスを選ぶ必要がある、ということです。

じぶん銀行カードローンは専業主婦も申込可能!

じぶん銀行カードローンは、専業主婦の申込みも認めています。専業主婦の高額融資は難しいかもしれませんが、30万円〜50万円くらいまでは、融資が見込めるのではないでしょうか。

また、即日融資を希望する専業主婦もいますが、じぶん銀行に普通預金口座があれば、じぶん銀行カードローンでも即日が見込めます。じぶん銀行に口座がない専業主婦は、即日融資が見込める、別のカードローンの申込みも検討するのがおすすめです。

公式サイトへ

じぶん銀行カードローンの金利と利息

じぶん銀行カードローンの金利

じぶん銀行カードローンの借入利率(金利)は、審査により年率2.4%〜17.5%に決まります。初回の申込みで、希望する金額が少ないときは、最高金利の年率17.5%であることが多くなります。

年率17.5%の金利水準は、10万円を30日間借入れしたときに発生する利息が「1,438円」の水準です。5万円の借入れなら1ヶ月で約700円、1万円なら1ヶ月で約140円の利息となるのが、じぶん銀行カードローンの金利水準です。

じぶん銀行カードローンの遅延損害金について

じぶん銀行カードローンの金利は、審査によって年率2.4%〜17.5%に決まりますが、ローンを延滞したときは、「遅延損害金」によって金利計算がなされます。

遅延損害金は、遅延利息とも呼ばれるものですが、本来は、契約上の債務不履行(延滞)による損害賠償という性質を持つものです。「損害賠償金××万円」などということがありますが、ローンの場合は、通常よりも高い利率で利息を計算しています。

じぶん銀行カードローンの遅延損害金は、「年18%」です。通常の年率2.4%〜17.5%よりも高金利となっていますので、通常との差額が「損害賠償金」の性質を持つということです。

公式サイトへ

カードローンの返済シミュレーション

じぶん銀行カードローンの借入シミュレーション

年率17.5%の金利で15万円を借入れし、毎月5,000円の返済を行った場合の返済例は、次の表のようになります。

回数返済額元金利息残高
1\5,000\2,813\2,187\147,187
2\5,000\2,854\2,146\144,333
3\5,000\2,896\2,104\141,437
4\5,000\2,938\2,062\138,499
5\5,000\2,981\2,019\135,518
6\5,000\3,024\1,976\132,494
7\5,000\3,068\1,932\129,426
8\5,000\3,113\1,887\126,313
9\5,000\3,158\1,842\123,155
10\5,000\3,204\1,796\119,951
11\5,000\3,251\1,749\116,700
12\5,000\3,299\1,701\113,401
13\5,000\3,347\1,653\110,054
14\5,000\3,396\1,604\106,658
15\5,000\3,445\1,555\103,213
16\5,000\3,495\1,505\99,718
17\5,000\3,546\1,454\96,172
18\5,000\3,598\1,402\92,574
19\5,000\3,650\1,350\88,924
20\5,000\3,704\1,296\85,220
21\5,000\3,758\1,242\81,462
22\5,000\3,813\1,187\77,649
23\5,000\3,868\1,132\73,781
24\5,000\3,925\1,075\69,856
25\5,000\3,982\1,018\65,874
26\5,000\4,040\960\61,834
27\5,000\4,099\901\57,735
28\5,000\4,159\841\53,576
29\5,000\4,219\781\49,357
30\5,000\4,281\719\45,076
31\5,000\4,343\657\40,733
32\5,000\4,406\594\36,327
33\5,000\4,471\529\31,856
34\5,000\4,536\464\27,320
35\5,000\4,602\398\22,718
36\5,000\4,669\331\18,049
37\5,000\4,737\263\13,312
38\5,000\4,806\194\8,506
39\5,000\4,876\124\3,630
40\3,682\3,630\52\0
合計\198,682\150,000\48,682-

じぶん銀行への返済額の合計が19万8682円、返済期間は、3年4ヶ月となります。15万円の借入れに対して、返済額が5,000円というのは、「できればもう少し多く返済したい」という水準です。

希望額により異なりますが、可能なら2年以内、遅くても3年以内には、ローンを完済できるように計画するのがおすすめです。

約定返済額だけで返済すると・・・

金利が年17.5%、借入額が15万円のときの約定返済額は、4,000円となります。上では、返済額5,000円でシミュレーションしましたが、同じ条件で返済額を4,000円にすると、次のようになります。

回数返済額元金利息残高
1\4,000\1,813\2,187\148,187
2\4,000\1,839\2,161\146,348
3\4,000\1,866\2,134\144,482
4\4,000\1,893\2,107\142,589
5\4,000\1,921\2,079\140,668
6\4,000\1,949\2,051\138,719
7\4,000\1,978\2,022\136,741
8\4,000\2,006\1,994\134,735
9\4,000\2,036\1,964\132,699
10\4,000\2,065\1,935\130,634
11\4,000\2,095\1,905\128,539
12\4,000\2,126\1,874\126,413
13\4,000\2,157\1,843\124,256
14\4,000\2,188\1,812\122,068
15\4,000\2,220\1,780\119,848
16\4,000\2,253\1,747\117,595
17\4,000\2,286\1,714\115,309
18\4,000\2,319\1,681\112,990
19\4,000\2,353\1,647\110,637
20\4,000\2,387\1,613\108,250
21\4,000\2,422\1,578\105,828
22\4,000\2,457\1,543\103,371
23\4,000\2,493\1,507\100,878
24\4,000\2,529\1,471\98,349
25\4,000\2,566\1,434\95,783
26\4,000\2,604\1,396\93,179
27\4,000\2,642\1,358\90,537
28\4,000\2,680\1,320\87,857
29\4,000\2,719\1,281\85,138
30\4,000\2,759\1,241\82,379
31\4,000\2,799\1,201\79,580
32\4,000\2,840\1,160\76,740
33\4,000\2,881\1,119\73,859
34\4,000\2,923\1,077\70,936
35\4,000\2,966\1,034\67,970
36\4,000\3,009\991\64,961
37\4,000\3,053\947\61,908
38\4,000\3,098\902\58,810
39\4,000\3,143\857\55,667
40\4,000\3,189\811\52,478
41\4,000\3,235\765\49,243
42\4,000\3,282\718\45,961
43\4,000\3,330\670\42,631
44\4,000\3,379\621\39,252
45\4,000\3,428\572\35,824
46\4,000\3,478\522\32,346
47\4,000\3,529\471\28,817
48\4,000\3,580\420\25,237
49\4,000\3,632\368\21,605
50\4,000\3,685\315\17,920
51\4,000\3,739\261\14,181
52\4,000\3,794\206\10,387
53\4,000\3,849\151\6,538
54\4,000\3,905\95\2,633
55\2,671\2,633\38\0
合計\218,671\150,000\68,671-

わずか1,000円の返済額の違いですが、返済期間が4年7ヶ月になり、返済額の合計も21万8671円と膨らみます。

返済額返済期間返済総額利息の支払い
5,000円40ヶ月\198,682\48,682
4,000円55ヶ月\218,671\68,671

逆に、返済額を5,000円から6,000円に増やすことができれば、返済期間は32ヶ月になり、利息の合計額も3万7,919円にまで減らすことができます。どのカードローンに申込む場合でもそうですが、毎月の返済額は、1,000円でもいいので多く支払うようにすることが重要になります。

公式サイトへ

申込から借入れまでの流れ

じぶん銀行カードローンへの申込み

じぶん銀行カードローンの申込みは、スマートフォンやパソコン、携帯電話などを使って簡単にできます。他のカードローンでは、郵送やローン申込機、その他の手段による申込方法がありますが、じぶん銀行カードローンは、インターネット申込みだけとなります。

サービスの内容がシンプルでローン申込機などに投資をしていない分、低金利ローンが実現できていると考えられます。

じぶん銀行カードローンの審査

じぶん銀行カードローンの審査は、最短即日で終了し、当日中に審査結果の連絡が来ることもあります。ただし、審査が混雑していることもありますので、状況によっては、翌営業日以降の結果連絡となる場合もあります。

できるだけ早くお金を受け取りたい場合には、すぐにでも申込み手続きを済ませることです。申込みが完了した順番に審査をしていますので、早ければ早いほど融資までの時間が短くなります。

じぶん銀行との契約手続

審査が完了すると、契約手続きとカードの受取りとなります。

契約に必要な書類の提出は、会員専用サイトにログインして、写真撮影したデータのアップロードを行います。郵送で必要書類を提出することも可能ですが、時間や手間がかかりますので、人気がある方法とは言えません。

カードローンの申込み方法と同様に契約手続きもインターネットで済ませれば、手間をかけることなくローンの申込手続が完了します。

じぶん銀行から最短即日の振込み!

じぶん銀行カードローンでは、すでにじぶん銀行の口座があれば、即日融資も不可能ではありません。

カードが郵送されるまでに2週間近くかかりますが、振込キャッシングによって、自分の銀行口座に振り込んでもらえます。誰にとっても即日融資が可能というわけではありませんが、申込完了までがスムーズなのも、じぶん銀行カードローンの特徴ではないでしょうか。

じぶん銀行カードローン
プロミス
最短1時間融資
実質年率
2.2%〜17.5%
利用限度額
800万円
融資スピード
最短即日
コンビニ対応
セブンイレブン ファミリーマート ローソン サンクス

  • ネット銀行ならではの低金利!
  • 最短即日融資も可能なカードローン!
  • 提携ATM手数料は完全無料で使える!
  • auユーザーなら最大0.5%優遇のau限定割!
  • 300万円まで収入証明書は必要なしで利用可能!
公式サイトへ
カードローンを条件で探す
カードローン会社一覧
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • モビット
  • プロミス
  • アコム

×