豆知識

カードローン金利の決まり方


カードローン金利の決まり方

カードローン金利の決まり方について紹介します。消費者金融と銀行カードローンの利率の違い、金利負担を最小限にする方法などについて分かるようになります。キャッシングを検討している方は、必ず確認してから申し込むようにしましょう。

目次

利息制限法による金利の上限

カードローン金利は、基本的には、金融機関ごとが独自の基準で決めていますが、利息制限法という法律の範囲内で決まります。利息制限法では、元本の額に応じて、金利の上限を次のように決めています。

元本の額上限金利
10万円未満年20%
10万円以上100万円未満年18%
100万円以上年15%

つまり、カードローンの審査で限度額が100万円未満に決まれば、必ず年18%以下の金利になり、100万円以上の限度額になれば、年15%を超える金利にはなりません。

2006年6月17日までは、利息制限法の制限利率を上回る「グレーゾーン金利」というものがありましたが、現在では、グレーゾーン金利での貸付は、違法な業者を除き、完全になくなっています。大手の消費者金融や銀行カードローンを選べば、上の制限金利の範囲内の金利に決まるということです。

出資法による利息の上限

カードローン金利の上限を定める法律は、利息制限法だけでなく、出資法という法律もあります。出資法では、年20%を超える高金利で融資をすると、5年以下の懲役、もしくは、1000万円以下の罰金、または、これを併科した罰則が適用されます。

消費者金融や銀行は、必ず出資法の規制を守りますので、「年20%を超える金利はない」ということになります。

この出資法は、2010年6月18日に改正されたものが施行されましたが、改正出資法の施行以前は、「年29.2%」が上限金利となっていました。出資法の改正により、上限金利が大幅に引き下げられた結果、カードローンの金利も大幅な引き下げが行われています。

以前よりも安心してカードローンを利用できるのは、この出資法の改正によるところが大きくなります。

カードローン金利と限度額との関係について

どのカードローンでもそうですが、カードローンの金利は、限度額が多くなるほど低金利に決まる傾向があります。たとえば、新生銀行カードローンのレイクでは、基準残高(契約限度額)に応じて、次のように金利を定めています。

基準残高(契約限度額)金利
1円〜99万9999円15.0%〜18.0%
100万円〜200万円12.0%〜15.0%
200万超〜300万円9.0%〜15.0%
300万円超〜400万円7.0%
400万円超〜500万円4.5%

このように、カードローンの契約限度額が増えるほど、ローンの金利は低金利になります。

消費者金融と銀行カードローンの金利相場

一般に消費者金融と銀行カードローンを比較すると、銀行カードローンの方が金利が低めに設定されていることが多くなります。消費者金融は、年率18%近くが最高金利となっていますが、銀行カードローンは、年率14%程度を上限にしているケースも多くなります。

会社名(商品名)金利
プロミス4.5%〜17.8%
アコム3.00%〜18.00%
モビット3.00%〜18.00%
新生銀行カードローンレイク4.5%〜18.0%

カードローンの金利は、金融機関の審査によって決まるものですが、希望する限度額が少ない場合は、金融機関が設定する金利の「上限金利」に決まることが多くなります。

カードローン金利による利息の目安

カードローンの金利は、低金利ほど「お得」であることに間違いはありませんが、どのくらい利息に違いが生じるのかを確認してみます。

たとえば、年率18.0%の消費者金融Aと年率14%の銀行カードローンBがあったとします。消費者金融Aと銀行カードローンBで10万円借入れした場合の30日分の利息の発生額は、下記の通りになります。

消費者金融A:10万円×0.180×30÷365=1,479円
銀行カードローンB:10万円×0.140×30÷365=1,150円

10万円を借入れすると、年率14%と18%のカードローンでは、1ヶ月で約300円の違いが生じることが分かります。短期間でお金を返済する場合は、大きな違いとなりませんが、長期的に返済する場合は、しっかりと返済シミュレーションを利用してから借りるのがおすすめです。

遅延損害金の決まり方

カードローンの契約では、必ず遅延損害金というものが決められています。遅延損害金は、ローンの返済で延滞した場合に適用される、罰則的な意味合いの金利のことです。たとえば、カードローンの金利が年率15%に決まっていたとしても、ローンの返済を延滞した場合は、年率20%の遅延損害金(遅延利率)で計算するようなものです。

一般的な「罰金」は、「罰金1万円」という表現をしますが、金融機関のローンの場合は、通常よりも高い金利で計算している点に特徴があります。ローンを延滞してしまうと、高い金利で返済することになるのはもちろん、信用情報機関に延滞の記録が残ってしまいますので、必ず返済期日に間に合うように入金しなければなりません。

金利の負担が大きくなるリボ払いとは?

カードローンの負担が金利で決まるのはもちろんですが、「リボ払い」で負担が大きくなっているのも事実です。リボ払いというのは、借入残高が多ければ返済額も多く、逆に、借入残高が少なくなれば返済額も少なくなる返済の仕組みです。

一見、当たり前のような仕組みに思うかもしれませんが、毎月2万円ずつ返済していたのが、次は1万円になり、その次は5,000円と少なくなってくれば、当然、返済期間が長くなります。

毎月1万円なら1万円、2万円なら2万円ずつ返済する、と最初から決めておけば、カードローンの金利負担をより少なくできます。

カードローンを条件で探す
カードローン会社一覧
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • モビット
  • プロミス
  • アコム

×