条件でカードローンを探す

専業主婦がカードローンでお金を借りる方法


専業主婦がカードローンでお金を借りる方法

お勤めをしていない専業主婦は、カードローンで借りる方法がないと思われがちですが、融資をしている金融機関もあります。総量規制の基本的な内容について理解し、専業主婦に適したカードローンを選ぶことが大切です。

専業主婦は、収入証明書の準備も必要ありませんので、申込みを急げば、当日中の融資も不可能ではありませんよ。

目次

カードローンの総量規制の基本について

カードローンの総量規制とは?

総量規制というのは、貸金業法によって「年収の3分の1を超える融資」を禁止するものです。たとえば、年収150万円のアルバイト勤務の人への融資は、年収の3分の1である「50万円」が上限となります。

貸金業法は、貸金業者、つまり、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などを規制しています。銀行や信用金庫などは、規制の対象外となっていますので、総量規制が影響しないのは「銀行カードローン」ということになります。

総量規制の配偶者貸付について

貸金業法では、総量規制の除外の1つとして「配偶者貸付」という制度を規定しています。配偶者貸付というのは、専業主婦が旦那の同意を得て、夫婦合算の年収の3分の1を上限に融資を認めるというものです。

しかし、実際に旦那の同意を得てキャッシングするというのは、現実的ではありません。消費者金融のほとんどは、非現実的な配偶者貸付での融資をしていませんので、プロミスアコムなどの消費者金融の利用はあきらめるようにしてください。

総量規制対象外カードローンの選び方

専業主婦は、総量規制対象外の「銀行カードローン」で借りる方法がおすすめです。

すべての銀行カードローンが専業主婦への融資をしているわけではありませんが、「お勤めをしていない専業主婦も申し込めます」と説明がある金融機関が多くあります。

総量規制対象外カードローンの特徴とは?

お金を借りるときに収入証明書が必要になるとき

専業主婦が申し込むのは総量規制対象外ですが、「収入証明書の提出条件がゆるい」という特徴があります。

消費者金融では、50万円超の限度額を希望するときに必要ですが、銀行カードローンなら、100万円以下で必要になることはほとんどありません。申込みをした本人であることを証明するための「運転免許証」「パスポート」などがあれば申し込めます。

専業主婦は、必然的に用意する書類が少なくなりますので、他の利用者よりも「申込み前の準備が簡単」というメリットがあります。

専業主婦への融資額の目安について

総量規制対象外カードローンは、年収の3分の1超の融資も可能です。

しかし、お勤めをしていない専業主婦については、やはり、高額融資が認められるケースは少なくなります。一般に専業主婦への融資は、30万円〜50万円程度となっていますので、これを上限に希望額を考えるようにしてください。

また、カードローンの限度額は、利用中に増額することも可能ですので、まずは、必要最小限の希望額で申し込むのがおすすめです。

専業主婦は旦那の同意が必要になる!?

専業主婦のカードローン申込みでは、「旦那にバレたらどうしよう!」と不安に感じているケースが多くなります。一部の銀行カードローンで旦那の同意が必要、というものもありますが、通常は、旦那の同意なしで申込めるようになっています。

もし、旦那にバレるのが心配なら、同意が必要かどうかではなく、自宅への郵送物に気をつけるようにしてください。旦那の同意が必要ないカードローンでも、自宅に郵送物が届いてしまっては、旦那に内緒にし続けることは難しくなるからです。

銀行カードローンの注意ポイント

カードローン金利の基本を理解!

専業主婦が利用する銀行カードローンは、一般に消費者金融よりも低金利となっています。

「低金利だからお得!」と思うかもしれませんが、カードローン金利についても十分に理解しておくことが重要です。

カードローンの利息は、「利息=借入残高×カードローン金利×利用日数÷365」で計算します。

たとえば、年率14.6%のカードローンで10万円を借入れ、30日間で発生する利息の金額は、10万円×0.146×30÷365=1,200円となります。

消費者金融の金利は、年率18%近くに設定されていますので、年率18%で10万円を借りた場合なら、10万円×0.180×30÷365=1,479円です。

少しの違いと思うかもしれませんが、長期的な返済になるほど金利の違いが大きく影響してきますので、金利や返済方式について十分理解してからカードに申込んでください。

カードローンの遅延損害金について

カードローンの遅延損害金は、ローンの返済が遅れてしまった場合の「罰金」のようなものです。

私たちがよく知っている罰金は、「罰金×××円」という表現ですが、ローンの場合は、「遅延損害金××%」という表現になります。

たとえば、通常の金利が年率14.6%だったとして、遅延損害金20.0%と記載されているときは、「延滞した翌日から年率20.0%の金利で計算される」という意味です。

上の計算と同じように「30日間、延滞した場合」の遅延損害金を計算してみると、遅延損害金=10万円×0.200×30÷365=1,643円となります。

年率14.6%、10万円の借入れで30日間の利息が1,200円でしたので、約37%も支払いの負担が増えていることになります。

カードローンの延滞は、遅延損害金による負担が増えるだけでなく、カードローン会社に対する信用も失ってしまいます。カードローンで借入れした後は、絶対に延滞しないようにすることが、非常に重要になります。

カードローンのリボルビング返済方式とは?

専業主婦の場合は、家計への負担を少なくするため・・・という考えから「返済額が少ないカードローン」を選びがちです。しかし、カードローンの返済額が少なくなるほど、ローンの返済期間が長くなることは分かると思います。

返済額利息額元本の返済利息の割合元本の割合
\2,000\1,200\80060%40%
\3,000\1,200\1,80040%60%
\4,000\1,200\2,80030%70%
\5,000\1,200\3,80024%76%
\6,000\1,200\4,80020%80%
\7,000\1,200\5,80017.2%82.9%
\8,000\1,200\6,80015%85%
\9,000\1,200\7,80013.4%86.7%
\10,000\1,200\8,80012%88%

上の表は、年率14.6%で10万円を借入れ、返済額を2,000円〜10,000円にした場合の、元本と利息の割合の関係について表しています。たとえば、1番上の行の2,000円の返済では、「借金は800円しか減っていない」ということを意味しています。

家計のやりくりが気になる専業主婦は、ローンの返済額を少なくするだけではなく、利息と元本の返済額に対する割合についても気にするようにしてください。

専業主婦が10万円借入れした場合のシミュレーション

年率14.6%のカードローンで10万円を借入れ、毎月5,000円ずつ返済した場合を計算してみると、次の表のようになります。

回数返済額元金利息残高
1\5,000\3,784\1,216\96,216
2\5,000\3,830\1,170\92,386
3\5,000\3,876\1,124\88,510
4\5,000\3,924\1,076\84,586
5\5,000\3,971\1,029\80,615
6\5,000\4,020\980\76,595
7\5,000\4,069\931\72,526
8\5,000\4,118\882\68,408
9\5,000\4,168\832\64,240
10\5,000\4,219\781\60,021
11\5,000\4,270\730\55,751
12\5,000\4,322\678\51,429
13\5,000\4,375\625\47,054
14\5,000\4,428\572\42,626
15\5,000\4,482\518\38,144
16\5,000\4,536\464\33,608
17\5,000\4,592\408\29,016
18\5,000\4,647\353\24,369
19\5,000\4,704\296\19,665
20\5,000\4,761\239\14,904
21\5,000\4,819\181\10,085
22\5,000\4,878\122\5,207
23\5,000\4,937\63\270
24\273\270\3\0

返済期間は、ちょうど2年(24ヶ月)ですが、返済総額が115,273円となります。毎月の返済額を2,000円〜5,000円まで変化させて見ると、返済期間や利息の負担が大きく異なっていることがわかります。

返済額返済総額利息合計返済期間
\2,000\154,963\54,96378ヶ月
\3,000\128,993\28,99343ヶ月
\4,000\119,929\19,92930ヶ月
\5,000\115,273\15,27324ヶ月

専業主婦の場合は、家計が苦しいという事情もあるかもしれませんが、できる限り2年以内にカードローンを完済するように計画するのがおすすめです。

専業主婦がカードローンで借りるときの注意点!

カードローン申込方法の注意点

大手の銀行カードローンでは、ホームページからの申込みだけでなく、電話やファックス、郵送などの手続きで申し込めるようになっていますが、インターネットから申し込むようにしてください。

インターネット以外の申込方法を選んでしまうと、自宅に郵送物が届いたり、融資を受けるまでに時間がかかりすぎる、という問題があるからです。パソコンやスマートフォン、携帯電話などで申し込めるようになっていますので、銀行のホームページから申込み手続きをするようにしましょう。

返済計画をしっかりと立てること!

専業主婦は、家計のやりくりのなかでローンの返済をすると思いますので、最初にしっかりとした返済計画を立てることが重要になります。お金が不足したから、とりあえず借り入れする、という意識では、毎月のローンの支払いに追われることにもなりかねません。

銀行カードローンの公式サイトでは、返済シミュレーションが用意されているのが一般的です。毎月いくらずつ返済したら、利息がいくらで、返済期間がどれくらいかが簡単に分かるようになっています。会員になる前でも無料で利用できますので、必ず返済計画を考えてから申し込むようにしましょう。

毎月の返済は確実にこなす!

最後まで旦那にバレないようにするためには、毎月の返済を確実にこなす意外に手段はありません。家計の見直しをする必要があるのはもちろん、これを機会に無駄な支出も減らすことが重要です。

やむを得ず、少し無理のある借り入れをしなければならないなら、パート勤めを始めたりするなど、収入を増やすことも考えるようにします。ローンの請求書が自宅に郵送されないようにすることが、カードローンで失敗しないための重要なポイントではないでしょうか。

以上のように、専業主婦だからといって融資が受けられないわけではありません。注意するべき点に気をつければ、専業主婦でもカードローンで失敗することはなくなるでしょう。


専業主婦のカードローン・よくある質問
専業主婦のカードローンの限度額はどのくらいですか?

銀行により異なりますが、30万円〜50万円を上限に融資しているカードローンが多くなります。カードローンの金利で発生する利息は、10万円につき1,000円〜1,500円の間です。30万円の借入れなら3,000円〜4,500円、50万円なら5,000〜7,500円の利息が発生しますので、できるだけ借入額は少なくすることをおすすめします。

カードローン審査の在籍確認はどうなりますか?

専業主婦のカードローン審査では、在籍確認の手続きは行われていません。勤務先に電話連絡ができなくても借りれるのが、専業主婦の審査の特徴です。年収を証明する書類が必要になることもありませんので、運転免許証やパスポートなどがあれば申し込めるようになっています。

専業主婦でもカードローンで即日融資ができますか?

即日融資ができるかどうかは、申込むカードローンによるところが大きくなります。自動契約機(ローン申込機)が用意されているカードローンを選べば、即日融資に対応できていることがほとんどです。「最短30分」の審査時間という銀行もありますので、当日中の現金受取りも不可能ではありません。

専業主婦カードローンの審査基準はありますか?

カードローンの審査基準は、金融機関ごとに独自に決められているものと思われます。専業主婦に対する基準もあると思われますが、一般に公開されることはありません。

カードローンに申込後、増額はできるでしょうか?

カードローンの増額は、銀行に増額審査の依頼をすることでできる場合があります。ただし、専業主婦の限度額の上限を決めている場合がありますので、必ず増額が認められるというわけではありません。

カードローンを条件で探す
カードローン会社一覧
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • モビット
  • プロミス
  • アコム

×