豆知識

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いとは


銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いとは?

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは、貸金業法の規制にあります。貸金業法は、貸金業者を取り締まるための法律です。貸金業者に「銀行」は含まれていませんので、貸金業法の規制を理解すれば、銀行とその他のカードローンの違いが分かります。

目次

貸金業法の規制とは?

貸金業者とは?

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは、貸金業法の規制を受けているかどうかになります。

貸金業法は、この法律によって設立された消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などが取り締まりの対象です。一方、銀行は、銀行法などの規制はありますが、貸金業法のような厳しい制限はありません。

一般的には、消費者金融カードローンの方が利用しやすい印象がありますが、規制の面では、銀行カードローンの方が自由度が高い状態にあります。

貸金業法の総量規制について

銀行カードローンと消費者金融とでは、融資ができる上限額が異なります。

金融機関融資可能額
銀行独自の基準で決めた上限額
消費者金融年収の3分の1まで

まず、銀行は、独自の基準で上限額を決められますので、融資可能な上限額というものはありません。返済能力があると認められれば、年収に関係なく高額融資ができるのが銀行カードローンの特徴です。

これに対して、消費者金融のカードローンは、法律によって「年収の3分の1まで」に制限されています。消費者金融1社ごとに年収の3分の1までではなく、借入額の合計が年収の3分の1を超えてはいけないという仕組みになっています。

収入証明書を提出するタイミングについて

収入証明書が必要になるときも、銀行は、独自の基準で提出を求めています。

カードローン収入証明書が必要になる希望額
消費者金融50万円超の希望額のとき。
借入額の合計が100万円を超えるとき
新生銀行カードローンレイク100万円超

上の表を見て分かるように、銀行カードローンは、独自の基準で収入証明書の提出を求めています。消費者金融で収入証明書が必要な場合でも、適切な銀行カードローンを選べば、書類不要での申込みが可能となります。

提携ATM手数料の発生の違いについて

提携ATMを利用した際の手数料についても、消費者金融の場合は、貸金業法の規制によって決められています。

消費者金融との取引を提携ATMで行った場合、下記の手数料がかかります。
  • 取引額が1万円以下:108円
  • 取引額が1万円超:216円

銀行カードローンでは、提携ATMごとに手数料発生の有無を決めていますが、一律、手数料無料としてるところもあります。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの金利の違い

銀行カードローンと消費者金融の金利の違い

あくまでも一般論ですが、銀行カードローンと消費者金融とを比較すると、「銀行カードローンの方が低金利」という傾向があります。

カードローンの金利は、低金利になるほど有利ですが、返済期間や無利息サービスがあるかどうかでも金利負担が異なってきます。

カードローン金利(実質年率)
プロミス4.5%〜17.8%
アコム3.0%〜18.0%
モビット3.0%〜18.0%
新生銀行カードローンレイク4.5%〜18.0%

実際の金利は、審査を受けてみないと分かりませんが、上限金利をもとに返済計画を考えるのがおすすめです。

10万円借入れした場合の金利負担の違いについて

消費者金融は、年率18%近くの金利であることが多く、銀行カードローンは、年率14.5%程度のサービスが多くなります。

年率18%と14.5%のカードローンで10万円を30日間借り入れすると、発生する利息額は、次のようになります。

金利計算式利息
年率18%10万円×0.18×30÷3651,479円
年率14.5%10万円×0.145×30÷3651,191円

30日間の利息の違いだけを比較すると、大きな違いはないと思いますが、毎月1万円ずつ返済した場合は、次のような金利の違いが生じます。

金利返済期間返済総額利息合計
年率18%11ヶ月109,158円9,158円
年率14.5%11ヶ月107,227円7,227円

同様に毎月5,000円ずつの返済では、次のようになります。

金利返済期間返済総額利息合計
年率18%24ヶ月119,772円19,772円
年率14.5%24ヶ月115,145円15,145円

毎月の返済額を少なく(返済期間を長く)するほど、金利が高いローンの利息額が多くなることが分かると思います。消費者金融と銀行カードローンのどちらを利用する場合でも、できるだけ早めに完済するように計画するのがおすすめです。

審査にかかる時間の違い

消費者金融の審査は迅速!

消費者金融と銀行カードローンとで審査時間を比較すると、やはり、「消費者金融の審査は早い」といえます。「最短30分」で審査が終了するケースが多く、遅くても1時間以内の回答連絡に期待できます。

一方、銀行カードローンの場合は、銀行により早い審査が受けられることもありますが、時間がかかる銀行も少なくありません。

融資を急いでいる場合は、まずは、消費者金融が利用できるかを検討し、銀行カードローンを選ぶときは、「新生銀行カードローンレイク」のような審査が早いサービスを選ぶようにしましょう。

カードローンを条件で探す
カードローン会社一覧
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • モビット
  • プロミス
  • アコム

×